最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

パンダの傾向と対策

一昨日、2012年7月18日にパンダ・アップデートが日本語と韓国語にも適用されたと
Googleより公式発表がありました。

ついに日本にも導入ということになりましたが、
検索結果に与える影響については、Googleの発表では5%未満(日本版ブログの記事では約4%)と言われています。

参照元:Google Twitter発表
https://twitter.com/google/status/225371441816805376

参照元:Google ウェブマスター向け 公式ブログ
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/07/google.html

「高品質なサイトをよりよく評価する」ために導入されたパンダ・アップデートですが、
このアップデートの背景にはGoogle がスクレイピングサイトの発見・排除に大きく動き出していることが挙げられます。
スクレイピングサイトとは、他の Web サイトからコンテンツ内容の一部を抜き出し、
自分のWebサイトのコンテンツとして使用しているWebサイトのことです。

低品質なサイトだと判断されないためには、どのように対処していけば良いでしょうか?

■オリジナルコンテンツを強化する

 他のWebページと重複する内容でないことが求められます。
 ニュースや商品説明などは重複する可能性が高い内容については
 それ以外の箇所でユニークな内容を追加するなどの工夫が必要です。

■ページ内の広告量に注意を払う

 ページ内の広告量(アフィリエイトなど)が過大にあるページについても、
 「オリジナルコンテンツに欠ける」として評価を下げる可能性があるようです。

■サイトのトピックはユーザーの興味に基づいたものに
 
 SEOで有利だからというトピック付けでなく、ユーザーに求められるトピックを、
 そのトピックの価値に伴った内容が求められています。

参照元:http://japan.internet.com/busnews/20110922/2.html

「質の高いサイトを目指す」ということは、パンダ・アップデートだけに限ったことではなく、
 今後導入されるであろうアルゴリズムにも同じことが言えます。

 問題は質が高いとみなす基準がどこにあるか?ということになりますが、
「ユーザーにとって有益かつオリジナリティの高い良質なサイト」を目指すことは、
 今後もサイト運営者全ての共通の課題となるでしょう。

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top