301リダイレクトとは?

301リダイレクトとは?

301リダイレクトの意味を説明する前に、まず「リダイレクト」とは何かを説明をします。
「リダイレクト」とは、サイトにアクセスした際に別のURLのサイトに自動的に転送するものです。
例えば、「https://www.exsample.com」にアクセスした際、
「https://www.exsample-newsite.com」へ自動的に転送されます。
または、サイト(ドメイン)やページ(URL)などを新しいものに変更した際、自動的に転送をする仕組みです。

イメージとしては以下の通りです。

301リダイレクトとは「Permanent Redirect」の略で恒久的な転送という意味です。301リダイレクトも上記のイメージと同じ仕組みとなります。また、「301」は一つのリダイレクトの種類です。種類によって使い方が分かれるので、よく理解し、利用することでSEO対策やユーザビリティ向上に繋げましょう。

301リダイレクトの種類

リダイレクトには様々な種類があります。 301リダイレクトは.htaccessなど、サーバー側で設定するリダイレクトで、ページが別のURLに永久に移転したことを示す種類です。また、301リダイレクトの種類は恒久的な移動で、リダイレクト元のSEO強度を引き継ぐことができると言われています。

以下の通り、リダイレクトには様々な種類があり、検索エンジンの推奨度合いも異なります。

301リダイレクトの使い方

WEB上のURL表記や入力において、「www」「index.html」の有無や「http・https」 が曖昧になることが多く、状況によっては検索エンジンを惑わすことがあるため、双方の有無に関わらず正規なURLに転送(リダイレクト)を行うことが理想です。

上記イメージに「適切なURL(1つのURLに統一)」と記載があります。適切なURLは検索エンジンがどのURLを認識しているかを確認しなければなりません。確認方法は、Googleの検索エンジンに直接指定のキーワードを検索します。例えば、「アウンコンサルティング」と検索する場合、「https://www.auncon.co.jp/」が表示されます。

※適切なURLは「https://www.○○○○○○○」となるので、別のURLパターンにアクセスできる場合、全て「https://www.○○○○○○○」に統一することが必要です。

また、以下の場合はリダイレクトを適用することができます。
・SSL化(http → httpsのURLを変更する場合)
・サイトをリニューアル「旧ページ(旧URL)から新ページ(新URL)を変更場合」
・コンテンツ重複ページがあり、一つのページを認識させたい場合
・ページは一つがありますが、色々なURLパターンでアクセスできる場合

301リダイレクトの記述方法や設定の手順について

記述方法について、様々なパターンがあります。また使用状況によって記述方法は異なります。
301リダイレクトの設定方法については、基本的にサイトのサーバーに保存されている「.htaccess」のファイルを利用し、上記の内容を「.htaccess」に反映させれば、作業完了です。

▼SSL化(http → httpsのURLを変更する場合)

RewriteEngine on
RewriteCond %{ HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{ HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

▼SSL化(http → httpsのURLを変更する場合)

RewriteEngine on
RewriteRule ^旧URL$ https://新URL [L,R=301]

▼ドメイン単位で旧ページ(旧URL)から新ページ(新URL)を変更場合

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^旧ドメイン
RewriteRule ^(.*) https://新ドメイン/$1 [R=301,L]

最後になりますが、301リダイレクト設定はとても重要です。
SSL化の対応をすることでGoogleの認識強化や、新規ページや強化したいページがある場合、しっかり設定しないと旧ページや旧URLの評価を受け継ぐことができません。結果的にGoogleからの評価が下がったり、自然検索からの流入が激減したりする可能性があります。
正しく設定を行い、SEO強化に繋げていきましょう。

Writtten by P.W

最新のコラム

Top