最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

Googleしごと検索(Google for jobs)とは?設定方法は?

Googleしごと検索(Google for jobs)とは?設定方法は?

Googleしごと検索(Google for jobs)って何?

ユーザーが“求人”に関連したキーワードで検索した際に、企業の求人ページなどに掲載されている内容を検索エンジンがクロール(“クローラー”と呼ばれるインターネット上の情報をかき集めるロボットが自分のサイトに来ること)し、Googleの検索結果に表示させることが出来る機能を「Googleしごと検索」といいます。(PC・スマートフォンどちらも対応)

※画像:Google Japan Blog引用

2017年6月にアメリカで導入され、その後様々な国での導入が進み2019年1月にようやく日本での実装が公式に発表されました。
Googleで求人情報を探しているユーザーに適切に、且つダイレクトにアプローチをすることが可能です。

Googleしごと検索(Google for jobs)の特徴

Googleしごと検索にはいくつかの特徴があります。

【1】目立つ
上記画像のとおり、Googleしごと検索は青い帯があり検索結果画面の中でも一際目立つ仕様になっています。リスティング広告の次に表示される場合もあるため、自然検索よりも目につく確率が高まる可能性もあります。

【2】必ず1ページ目に表示される
Googleしごと検索は検索結果画面の1ページ目に必ず表示されます。
したがって、SEOでこれまで上位表示が出来なかった求人サイトは、Googleしごと検索に表示させることによって多くの流入を集められる可能性があります。

【3】大手採用ポータルサイト情報も掲載される
大手採用ポータルサイトにも構造化データの設定があるため、Googleしごと検索に情報が掲載されます。

Googleしごと検索(Google for jobs)への掲載方法

Googleしごと検索に掲載するためには、構造化データを対象のサイトへ追加した上でGoogleに対しサイトマップを送信する必要があります。
基本的な掲載までのフローは下記のとおりです。
1.求人情報ページの作成
2.Googlebotが求人情報のウェブページをクロール出来るか確認
3.対象求人ページが頻繁なクロールをホスト負荷の設定で許可しているか確認
4.Googleのガイドラインに準拠しているか確認
5.求人情報の構造化データを対象求人ページへ追加
 ※別の求人サイトで同一の内容を使用している場合は正規URLを使用
6.Google構造化データテストツールを用いて、正しく記述が出来ているか確認
7.Googleに対しサイトマップを送信

構造化データの記述には「Microdata」「RDFa」「JSON-LD」の3つがあります。
今回はGoogleが推奨している「JSON-LD」での構造化データの記述例をご紹介します。

Googleしごと検索(Google for jobs)の注意点

構造化データをページに追加したのにも関わらず、Googleしごと検索に掲載されない!という場合は下記内容を確認してみてください。
期限切れの求人情報が公開されてしまっている
求人の有効期限が切れてしまっていないか確認してください。切れているものがあった場合は、ページを完全に削除するか構造化データをページから削除してください。
コンテンツが構造化データと一致していない
構造化データで設定した内容と、構造化データを設定したページに記載されている情報に乖離がある可能性があります。
エントリー機能がない
求人情報を見ているユーザーが求人に応募出来る手段が確実にあることを確認してください。
・構造化データが誤ったページに設定されてしまっている
構造化データは、求人リストページではなく1件の求人情報が詳細に記載されているページに設定します。
ロゴが誤っている
ナレッジグラフが存在していない、または異なる画像がナレッジグラフに表示されてしまっている可能性があります。
求人の地域が実在していないか誤っている
構造化データで設定した地域が誤っていて存在しないと認識されている可能性があります。

まとめ

今回はGoogleしごと検索の説明と実際の実装方法についてご紹介しました!
構造化データも基本さえ抑えてしまえば簡単に作成することが出来ます。
1つの求人情報につき1つの構造化データが必要となります。
そのため、たくさん募集求人があるサイトは1つ1つ手作業で作成するのはなかなか工数がかかってしまいます。
そこで自動化する・Googleしごと検索に対応している求人サイトを利用する、といった方法も検討されてみてはいかがでしょうか??

掲載することができれば、求人を探しているユーザーからすれば探しやすい便利な機能になるのでぜひ活用していきましょう!

Written by:A.A

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

Top