リダイレクトはSEOにどう影響するの?

リダイレクトって何?

あるページ(例:https://www.auncon.co.jp/aaaaa)からあるページ
(例:https://www.auncon.co.jp/bbbbb)へ自動的に転送することを指します。

上記の図のように、旧ページにユーザーが流入してしまっても迷子になることなく自動的に新しいページに連れていくことが出来ます。

リダイレクトには様々な種類がありますが、今回は頻繁に使用されている
・301リダイレクト
・302リダイレクト
の2つについてご紹介します。

301リダイレクト・302リダイレクトって何?

結論、301・302リダイレクトに大きな違いはありません。
以前は、それぞれのリダイレクトを使用用途によって使い分けをしていました。

301リダイレクトは「恒久的に転送させる」処理のことを指し、“対象のドメインを完全に使用しなくなる”、“サイト構成などによってURLを変更する”など恒久的にURLを使用しなくなる場合に使用していました。また、ページのキャッシュも行います。

302リダイレクトは「一時的に転送させる」処理のことを指し、“サイトリニューアルやメンテナンスなどによって一時的にページを使用しなくなる”、“ページに何かトラブルが起こり、一時的にページを閉じる”など一時的にURLを使用しなくなる場合に使用していました。302の場合は301と異なりページのキャッシュは行いません。

また、301・302リダイレクトを使用して転送を行うと、リダイレクト前のURLが持っていた評価を引き継ぐことが出来ます。(※)
ただし、100%完全に引き継げるわけではなく、301・302リダイレクト後、評価の引き継ぎが行われるのに1ヶ月程度要するとされています。

※以前は302リダイレクトでは評価の受け渡しは行われないとされていましたが、現在では301リダイレクト同様に行われます。

301リダイレクト・302リダイレクトの使い分けは?

自動的にページを転送させることが出来る、転送前の評価も引き継ぐことが出来る、となると301・302リダイレクトどちらでもいいのでは?と思われると思います。
301・302リダイレクトの違いとして “評価受け渡し処理速度の違い”が挙げられます。
リダイレクト設定をしてから検索エンジンが転送されたことを認識し、評価が受け渡されるまでの速度が301リダイレクトの方が速いため、転送先URLを永久的に使い続けるようでしたら301リダイレクトを使用したほうが良いでしょう。
どちらを設定しようか迷った際は301リダイレクトを使用することをオススメします。

URLの正規化

同一のページ内容であるにも関わらず、異なるURLが複数存在してしまうことがあります。
検索エンジンは同一の内容で異なるURLは重複コンテンツとされページの評価が分散したり、最悪の場合はペナルティを受けてしまう可能性があります。 このような事態を回避するために301・302リダイレクトを活用します!
その前に、サイト内に重複コンテンツが無いか例を挙げるので確認してみましょう。

よくある重複コンテンツ例

1.httpとhttpsの違い
http :http://www.auncon.co.jp/
https:https://www.auncon.co.jp/

2.www.が有るか無いかの違い
www.有:https://www.auncon.co.jp/
www.無:https:// auncon.co.jp/

3.index.htmlが有るか無いかの違い
index.html有:https://www.auncon.co.jp/index.html
index.html無:https://www.auncon.co.jp/

4.パラメータが有るか無いかの違い
パラメータ有:https://www.auncon.co.jp/?aaaaaa
パラメータ無:https://www.auncon.co.jp/

上記の条件両方でアクセスしてみて、どちらのURLでもページが表示されてしまったら、検索エンジンから重複コンテンツとしてみなされている、または将来的にみなされてしまう可能性があります。
前述のような重複コンテンツを防ぐために役立つのが301・302リダイレクトです。正しいURLへと転送することによって、評価の分散を防ぎ評価を統合することが出来るのです。

このように301・302リダイレクトを設定し、複数存在しているURLを1つのURLに転送し統合することを“URLの正規化”と言います。
※URLの正規化には301・302リダイレクトの他にもcanonicalタグを設置するという方法もあります。
Canonicalタグでのページの評価をまとめる方法は下記ページをご参照ください。
**********
SEO-ch:canonicalタグでページの評価をまとめる
https://www.seo-ch.jp/news/583
**********

リダイレクトの設定方法は?

重複コンテンツを見つけたら、早速リダイレクトの設定を行いましょう!
301・302どちらも“.htaccess”を使用します。

.htaccessを使用する方法

リダイレクトの設定は基本的にはこの.htaccessを使用します。
この方法は転送元URLにたどり着いた際に速攻で転送先URLに転送されるものです。
転送元URLのルートディレクトリに“.htaccess”ファイルを作成します。
※htaccesの前には必ず「.」を付けてください。
そして、作成した.htaccessファイル内に“Redirect permanent / https://転送先ドメイン/”と記述します。
この記述方法だと、階層もそのままリダイレクトされるため敢えて異なるページへリダイレクトを行う場合は前述の記述の前に“転送先ドメイン”の部分を転送させたいURLに変え、一番先に記述します。

リダイレクトに関する注意点

リダイレクトの解除タイミング
ずっと同じファイルを残しておくことに問題がある場合も、検索エンジンがサイトを認識するまで(約半年~1年)はリダイレクト設定を外さないほうが良いでしょう。リダイレクト設定を解除した後に、どこかのサイトで旧URLのリンクが貼られていてユーザーがクリックした場合は旧URLで表示されてしまうので要注意です。

内容の異なるページへのリダイレクト
元のページとテーマが無関係なページへリダイレクトするのは評価が下がるため避けましょう。

ペナルティを受けたページのリダイレクト
301・302リダイレクトは悪い評価(ペナルティを受けたという評価)も転送先へ引き継いでしまいます。そのため、ペナルティを受けたページはリダイレクトから削除しましょう。

TOPページへのリダイレクト
サイトを完全移行する際など、各ページから全てTOPページへリダイレクトかけているケースが散見されますが、テーマが異なるため可能な限り同一・類似テーマのページへリダイレクトするようにしましょう。

リダイレクトをかける範囲
リニューアルを行う場合や、多くのコンテンツを削除する際は基本的には全てのページをリダイレクトするようにしましょう。それまで蓄積してきた評価や価値を全て喪失してしまうことになってしまいます。
サブドメインのリダイレクトも忘れないように行いましょう。

まとめ

今回は、リダイレクト(301・302)について説明しました。
説明を簡単にまとめると…、
・リダイレクトとは、あるページからあるページへ転送を行う処理のこと
・301リダイレクトと302リダイレクトはどちらも転送元から転送先に評価を引き継ぐことが出来る。
・301リダイレクトの方が評価の受け渡しの速度が速いため、永久的にURLを転送するのであれば301リダイレクトの方が良い

リダイレクトはSEOの評価を悪化させないために必要な設定です。
サイトへの流入を失わないためにも、きちんと理解し正しく設定を行いましょう!

Written by :A.A

Top