SEOとキーワード数の関係は?【2021年最新版】

SEOとキーワード数の関係は?【2021年最新版】

「検索順位を上げたいなら、ページ内に対策キーワードをたくさん入れろ」

かつて、SEOの施策のひとつとしてこのように言われた時代がありました。以前の検索エンジンは、ページに書いてある意味を理解する能力が乏しかったため、ページ内に含まれているキーワードの数、あるいはキーワードの出現率によって、ページの内容を判断していました。
その結果、キーワードの数が多いか出現率が高ければ、検索結果の上位に表示されていたのです。近年では、検索エンジンのページの内容を把握する能力が高まってきており、直接キーワードを含むかどうかに関わらずページ内容を評価できるようになってきました。
そのため現在ではページ内にキーワードを詰め込むことは推奨されていないばかりか、不自然に多すぎる場合はガイドライン違反と判断されかねません。

参考:無関係なキーワード
https://developers.google.com/search/docs/advanced/guidelines/irrelevant-keywords

検索エンジンがページ内のコンテンツを理解できるようになった現在、SEOに有利なキーワードの数というのは存在しません。
もっと言えば、キーワードの個数を調整するという考え方自体がもはや古いものであり、ナンセンスなのです。

では上位表示させたいキーワードをまったく入れなくても問題ないのかと聞かれたら、答えはノーです。
もしそのようなことを考えていたとしたら、キーワードをまったく使わずに、その検索キーワードに対して十分に解となりうるコンテンツを作成できますかと逆に聞きたいくらいです。

あくまでユーザー優先でコンテンツを作成し、その中でキーワードがたとえば1つしか出てこなかったとしたら、まずは本当にこのコンテンツがユーザーの期待に応えられているかどうかを疑いましょう。
その上で問題ないと判断したならそのままで良いですし、もう少し追加できる文章があるなと思えば追加するのが良いでしょう。 文章として、日本語としておかしくなっていないかを確認し、より自然な文章を心がけましょう。

タイトルタグにはキーワードを入れた方が良い

SEOにおいて、タイトルタグに上位表示させたいキーワードを含めるのは現在でも有効です。先述したように、検索エンジンがページ内のコンテンツを理解する度合いは日に日に上がっていますが、タイトルは検索結果にも表示され、そのページにどのようなコンテンツが書かれているかを端的に示すものですので、キーワードが含まれているタイトルを見れば、内容に対するユーザーの期待も上げることができます。
言うまでもなく、コンテンツ内容には含まれていないにもかかわらず、上位表示させたいというだけの理由でタイトルにキーワードを含めるのはNGです。

Google の検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドにも、おすすめの方法として下記のように記載されています。

ページのコンテンツについて正確に記述する
読みやすく、ページのコンテンツの主題が効果的に伝わるタイトルを選びます。

簡潔でわかりやすいタイトルを使用する
簡潔で有益なタイトルにします。タイトルが長すぎる場合や関連性が低いと見なされた場合、Google は検索結果にタイトルの一部のみや、自動的に生成されたタイトルを表示することがあります。ユーザーのクエリや検索に使用された端末に応じて、異なるタイトルを表示することもあります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドより
https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja

 

 

設定したタイトルがユーザーに有益なものになっていないと、検索結果表示の際にGoogleによって書き換えられる可能性がありますので注意しましょう。
SEOに必要だと言って、あれもこれもと長々とタイトルに含めるというのはよくありません。
おすすめは、1ページあたりのテーマを1つに定めて、メインキーワードと、関連キーワードの上位表示を狙う手法です。
テーマを統一することで、何について書かれているかをGoogleが判断しやすくなり、結果的にユーザーを満足させるコンテンツとしての評価が高まることが期待できます。
狙っていたキーワードが思うように上がらない時は、テーマ自体がずれている可能性がありますので、コンテンツの修正を検討しましょう。

meta keywordsタグについて

ちなみに、meta keywordsタグにつきましては、現在SEO効果は全くありません。Google、Bing共にmeta keywordsの内容は無視すると公言しています。現在設定されているものがあれば、無理に削除することはありませんが、SEOのために追加する必要はありません。
※meta keywordsはhtmlのヘッダーに記述するタグで、かつてはページ内容を表すキーワードを記述することで、SEOに有利に扱われました

大事なのは、修正前後での効果を測定してみることです。キーワードの数を変更することは現在のSEOの中では些細な修正ではありますが、変える前と変えた後の検索結果を調査して、さらなる改善を図っていきましょう。

Written by : K.K

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

Top