SEO対策の基本として押さえておくべきこと

SEO対策と一口に言っても、カバーする範囲は多岐に及びます。そもそもSEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語にすると「検索エンジン最適化」となります。検索エンジンに対して、サイトを最適化する。違う言い方をすれば、検索エンジンにサイトのことを理解してもらうようベストを尽くすということです。あなたのサイトで扱っているものは何ですか? 商品を販売していますか? 有益な情報を提供していますか? ジャンルはどういったものですか? などといった詳細な情報を、余すところなく検索エンジンに伝える。検索エンジン側は、内容を把握した結果、ユーザーが検索で求めていることに対してそのサイトを表示するのが相応しいかどうかを判断して、より有益になると思われる順番で検索結果に表示します。

対象となる検索エンジンは基本的にGoogle

検索エンジンの種類は様々ありますが、2018年現在、日本でSEO対策をする場合はGoogleに絞られます。Googleは日本の検索エンジンシェアにおいて90%以上を占め、検索エンジンと言えばGoogle、という状態になっています。海外においても韓国・中国・ロシアを除く主要国ではGoogleがほぼ独占状態です。

あなたはSEO対策をしたいと思って今このページを開いているかと思います。あるいは、SEO対策の方法についての情報を集めてから、具体的に施策するかどうか検討したいと思っているかもしれません。検索エンジンーここではGoogleーに最適化するという手法を用いて、サイトへの流入を増やしたい、ひいては売上につなげたい。そのために必要なことは2つあります。内容と技術です。順に説明します。

最も重要なのは、ユーザー目線のコンテンツ

内容とは、表示されるコンテンツのことです。ユーザーにとって求めている情報となっているかどうか。これが満たされていなければ、仮に検索結果で上位に表示されてアクセスがあったとしても、すぐに離脱してしまうことでしょう。2016年頃から、コンテンツSEOという言葉が流行りだしました。コンテンツ・イズ・キングとも言われ、コンテンツこそがSEOを制するという論調が展開されました。同じ頃には長文SEOという、数千、数万文字に及ぶ長文を書けば上位表示できるという手法も現れました。これは半分正解、半分外れで、ただ単に長い文章を書けばいいというものではありません。冗長な文章は、ユーザーの満足感を損ないますからね。確かに情報量がたくさんあった方が満足度は高くなる傾向にはありますが、どうせ書くのなら、しっかりと意味の通った文章を書きましょう。コンテンツを作成するときに気をつけるべきは、以下の点です。

・信憑性のない情報を書かない

GoogleにはE-A-Tと呼ばれるクオリティ評価のシステムがあります。それぞれ、Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)の頭文字から来ており、高品質なコンテンツかどうかを判断する要素となっています。信憑性のない情報はこれらと対立する方向に位置し、低品質と評価されてしまう可能性があります。データの出典元を明らかにするなど、信頼に足る情報を提供するよう心がけましょう。

・テーマを散らさない

1つのページで、おすすめの掃除機と、ダイエット食品と、化粧品のことが書いてあったとしましょう。人間が読んでも詰め込み過ぎな印象を受けますが、Googleのような検索エンジンは、なおさら何について書こうとしているのかを把握するのが難しくなってきます。1つのページで扱うテーマは1つにするのが基本で、ページごとにテーマを確立させることが効果的です。

「パンダアップデート」と呼ばれる、品質判断のアルゴリズム(アルゴリズムとは、検索順位を決定付ける上でGoogleが評価の基準としているルールを言います)を導入した時期に、コンテンツの質について、Googleが公式ブログで取り上げています。その中で、Googleが高品質と判断する基準となる23項目が挙げられました。Googleの持っている考えとしては、今もほとんど変わりありません。その項目リストは以下のとおりです。

・この記事で紹介された情報を信頼するか?

・この記事は、トピックをよく知っている専門家やマニアが書いているか?

・キーワードのバリエーションがわずかに異なる同じトピックの重複記事はサイトにないか?

・このサイトにクレジットカード情報を快く入力できるか?

・この記事にはスペル、文体、または事実の誤りがないか?

・トピックはサイト読者が本当に興味があることについて書かれているか? 検索エンジンでよく上位表示されるものを推測してコンテンツを生成していないか?

・記事はオリジナルのコンテンツや情報、レポート、調査、分析を提供しているか?

・検索結果の他のページと比較して、相応な価値を提供しているか?

・コンテンツの品質管理がきちんとされているか?

・記事ではトピックを多角的に見ているか?

・サイトはそのトピックに関して権威があると認知されているか?

・そのコンテンツは多数のクリエイターによって大量に生産されているか、大規模なサイトネットワークに広がっていて、個々のページやサイトが放置されていたりしないか?

・記事は投げやりだったり急いで作られたのでなく、きちんと編集されているか?

・健康関連の検索で、このサイトの情報を信頼できるか?

・サイト名を出したときに信頼できる情報源として認識できるサイトになっているか?

・この記事では、トピックの完全な説明か、包括的な説明を提供しているか?

・この記事には、すでに明らかになっている情報だけでなく、洞察力のある分析や興味深い情報が含まれているか?

・このページをブックマークしたり、友人と共有したり、おすすめしたいか?

・この記事で主なコンテンツを邪魔したり干渉したりする広告が過剰にあったりしないか?

・この記事は雑誌や百科事典、本といった印刷物に掲載されていそうか?

・記事は、短かったり、中身がなかったり、他の何かが足りなかったりして有用性に欠いていないか?

・ページの細部にまで細心の注意を払って作られているか?

・このサイトのページが表示されたときにユーザーが不満を持たないか?

参考:More guidance on building high-quality sites

技術も依然としてSEOで大切な要素

技術とは、Webページを扱う上で必要な知識のことで、Googleにページ理解を促すような技術もあります。しっかりと把握して、必要に応じて使うようにしましょう。SEO対策に必要な技術を学習するには、Googleが公開している「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」が役立ちます。

技術的な要素は、誤った実装をするとマイナスに働く場合があります。十分理解した上で実装するようにしてください。エラーが出ているかどうかは、Google Search Consoleでわかることも多いため、登録をお勧めします。

ユーザーが満足するようなサイト作りを

SEO対策の「SEO」は「Search Engine Optimization」、つまり検索エンジン最適化だと冒頭で述べましたが、近年は「Search Experience Optimization」(SXO)、検索体験最適化とも言われるようになってきており、いかにユーザーに満足してもらうようにするかが焦点となってきています。これは、検索エンジンのアルゴリズムが年を重ねるごとに複雑化、高度化し、よりユーザーに近い視点でページを評価できるようになってきたことに由来します。以前は通じていた小手先の技術による最適化が通用しなくなってきているのです。モバイルからのユーザーに見やすいようにする「モバイルフレンドリー」のように、ユーザーが快適に利用できるサイトにすることが、今後ますます重要になります。基本をしっかりと押さえて、より良いサイト運営を目指しましょう。

Written by : K.K

Top