最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

今こそSEOを提供する企業がSEOの提供方法を見直すべき時期

2011年後半~現在にかけて、Googleのリンクに対する評価指標の変更により、
業界・キーワード問わず、大きな順位変動が起きています。

特に、成果報酬型モデルで特に多く提供されていた「SEO目的のためだけに作成された
サイトからのリンク」については、Googleからインデックス削除およびリンク先URLの
マイナス評価を行うケースも見受けられます。

特に日本においては、SEO対策=外部リンク対策という先入観が強いです。

理由としては、試しに「SEO対策」と検索すると、リスティング広告には
「10位以内で●●円!」などの、成果報酬型SEOサービスの広告が並びます。

そのため、「これからSEO対策を始めよう」と考えているユーザーが、
SEO対策=成果報酬型=外部リンクという認識になってしまうケースが多いように思います。

これはユーザーが悪いのではなく、SEOを提供する企業側に原因があると感じています。
誰であっても、初めて検索する事柄に関して、多くの企業がサービスとして打ち出している
内容がスタンダードであると感じてしまうと思います。

特に外部リンク対策については、現在Googleはいっそう精査を厳しくしておりますし、
ユーザーに対し、SEO対策=外部リンク対策という先入観を与えてはいけないと切に思います。

SEOを提供する企業は、検索エンジンからサイトポテンシャルをしっかりとインデックス
されるサイト構造の見直しや各ページのキーワードでのテーマ性向上のための
各種HTMLタグの見直しなど、内部対策の重要性および施策の優先度をユーザーへきちんと
整理・発信すべきと考えます。

しかしながら、主に外部リンク対策サービスを提供されているSEO企業様にとっては、
難しい問題であると思いますが、そもそも外部リンク対策サービスをご提供されているのであれば、
SEOはもちろんのこと、内部対策についても知見があると思いますので、
是非今後の日本においてはGoogle対策がメインとなるはずですので、
方針転換を時期なのではないか、と個人的に思います。

今後も、Googleはより一層の精査の強化を図るはずです。
これまで通りのSEO目的サイトからのリンクなど、不自然かつ低品質な外部リンク対策は
効果が無いだけではなく、WEBサイトの評価を落とす要因となる可能性がございます。

今一度、ユーザー・SEO企業側ともに、情報の伝え方の見直しを図るべきではないでしょうか。

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top