SERPと検索ユーザーの行動の変化に関する調査レポート

Home DepotのSEOマネジャーである Erin Everhartは2005年と2014年におけるGoogleのSERPの変化と検索するユーザーの変化に関してヒートマップを使った調査データと独自の分析結果を発表しました。それによると2005年当時では検索結果の上位3位以内にユーザーの注目が集中していたのに対して2014年の結果では視線を向ける先が多様化してきているといった変化が見られたということです。

http://searchenginewatch.com/article/2374414/The-Evolution-of-SERPs-and-User-Behaviors
Top