Google、ウェブスパムチームが犯した間違いとは?

2014-05-19

Googleウェブスパムチーム責任者、マットカッツ氏に対しての質問です。

----------------------------------------------------------
いままでGoogleが行ってきたスパム対策の中で
間違ったスパム対策を行って後悔したことはありますか?
----------------------------------------------------------



以下、マットカッツ氏による回答です。

私が思い出せる限り、スパムに関連した対策で間違いと思われることが2つありました。

1つは、7年前にサンホセで行われたカンファレンスでのことです。
あるSEO業者が「有料リンクは広く普及してしまっているため、
Googleは有料リンクをアルゴリズムによって厳重に取り締まったり
マニュアルでスパム対応することは難しいだろう。」と言っていたことがあります。

そこでGoogleは、2005~2006年にかけて有料リンクに対して
厳しい取り締まりを行い、多くの人に有料リンク(=スパム)は悪であり
ペナルティの対象となることを知らしめましたが、
Googleはこの問題に取り組むのが少し遅すぎたように感じます。

もう1つの誤りは、自動制作コンテンツに対する対応です。
質が悪いウェブサイトと呼ぶべきかスパムと呼ぶべきかわかりませんが
ユーザーエクスペリエンスのひどいサイトがありました。

ページが多いサイトだからコンテンツが充実していていいサイトである訳ではなく
ユーザーがほしいと思う素晴らしい情報(コンテンツ)がウェブサイトにあれば、
ページ数に関係なくいいサイトであるということを、評価基準に取り入れるのに
少し時間がかかってしまいました。

Googleは、質の良い検索結果を提供するために
いつも何か改善できる点はないか、見逃している点はないか探して
ユーザーからのフィードバックを取り入れていきたいと考えています。



参考サイト:
What could the webspam team have done better?
https://www.youtube.com/watch?v=xjAvRwbOewE





Top