最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

Google検索結果で表示される 3割以上のWebサイトにスキーマ


Searchmetricsによると、Google検索結果で表示される
3割以上のWebサイトに、スキーマ※1のリッチスニペットが
組み込まれていたことが明らかになりました。
一方、スキーマのマークアップコードを活用しているWebサイトは
わずか0.3%と、1%にも満たないことがわかりました。

※1 スキーマ(schema.org)とは:
Bing、Google、Yahoo!、Yandexなどの検索エンジンに
伝えたい情報を読み取ってもらうためのマークアップ方法。
詳しくは:http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2011/08/schemaorg.html


これは、2013年3月、アメリカのGoogle検索エンジンで
1000分の10のキーワードを対象に、Searchmetricsが行った
調査によるものです。

スキーマのリッチスニペットは、「Movie(映画)」「Offer(申込)」
「TV series(テレビドラマ)」「review(レビュー/批評)」という
情報に対して活用されていることが多いようです。


(c)Searchmetrics Inc

Googleの検索結果に、リッチスニペットが深く関わっているにも
かかわらず、実際にリッチスニペットを活用するために
マークアップコードを使用しているWebサイトはわずか0.3%です。
※スキーマは、Googleだけではなく、Bing、Yahoo、Yandexにも
対応しています。


(c)Searchmetrics Inc

驚くことではありませんが、大規模サイトがスキーマのマークアップを
利用していることが多いようです。

今回の結果からも、リッチスニペットの重要性が明らかとなり
スキーマのマークアップをうまく取り入れていく必要があります。

<schema.org に関するよくある質問>
https://support.google.com/webmasters/answer/1211158?hl=ja



関連ニュース:

Google、ビジネス向け電話番号表示の新しいスキーマ
http://www.seo-ch.jp/news/469


参考サイト:

Over a third of Google search results incorporate Rich Snippets supported by Schema
http://www.searchmetrics.com/en/searchmetrics/press/schema-org-in-google-search-results/

Schema Markup Shows In 36% Of Google Search Results, But Almost No Websites Use It [STUDY]
http://searchengineland.com/schema-markup-shows-36-google-search-results-almost-websites-use-study-189707


最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top