最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

エラーメッセージ、404と410の違い

 
Googleは、エラーメッセージ「404」「410」に対して異なる評価をするのでしょうか?
 
まずは、エラーメッセージ「404」「410」とは何のことなのでしょうか?
表示しようと思ったWebページに何か問題があった場合、Webサーバからの返答される
HTTPステータスコードのことです。
 
HTTP 404 = "Not Found"(ページが見つかりません)
HTTP 410 = "Gone"(ページが削除されました)
 
 
 
「404」は、いまページが見つからない、一時的なことに対し
「410」は、ほぼ永久的にページが無くなってしまったことを意味します。
 
Googleは、このエラーメッセージ「404」も「410」も
ほぼ同様の扱いをしますので、特に気にすることはありません。
 
 
クロールシステムの動きの違いについて
 
エラーメッセージ「404」「410」が表示されるとき、
ページを間違って消してしまったり、間違えてGoogleボットをブロックしてしまったり、
意図せずにページが表示されなくなる場合があります。
 
そのため、本当にそのページが無くなってしまったのか
クロールチームがチェックします。
 
「404」の場合、いつページが復活するかわからないので
24時間はクロールシステムが保護します。
 
「410」の場合、サイト管理者がページを表示させないよう
意図して行ったことなので、クロールシステムが24時間
保護することはありませんが、本当にページが無くなったのか、
クロールは何度かチェックするので心配する必要はありません。
 
 
どちらの場合も、Googleが異なる扱い(評価)をすることはないので
心配することはないでしょう。
 
参考サイト:
 
Does Google treat 404 and 410 status codes differently?
http://youtu.be/xp5Nf8ANfOw
 
 
 
 
 

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top