新しいグーグル検索結果のレイアウト比較

2014-03-18

新しいGoogle検索結果のレイアウトは、現在すべてのGoogleユーザーが
見ることができるようになりました。

では、いままでのレイアウトとどこが変わったのでしょうか?


レイアウトのデザイン変更


     <新しいレイアウト>                 <今までのレイアウト>

New Google Layout


新しい検索結果レイアウトは、リンクの下線がなくなり、
アドワーズ広告の表示方法が変更されましたが、評判はあまりよくありません。
大きく表示されるようになり、フォントも多様されるようになりました。

アドワーズ広告に関しては、薄い黄色の背景色がなくなり、黄色のマーカーで
「広告」または「AD」と表示され、その横に緑色のURLが表示されます。


SEO的にも影響大


デザイン的な変更に加え、新しい検索レイアウトはSEOにもかなり影響を及ぼしています。
大きな点としては、タイトルの表示文字数の変更です。今まで通りの文字数では
検索結果にすべてのタイトルが表示されない可能性もあり、クリック率などに
影響が出る前に確認する必要があります。

【今までの検索結果画面】英字70文字(半角) → 英字59~60文字(半角)
【これからの検索結果画面】30文字程度(全角) → 25文字程度(全角)


10年以上前に戻ったようなデザインですが、
今回のレイアウト変更では、Googleは「Mobile First(モバイルファースト
を掲げ、表示デザインをシンプルにして、モバイルやタブレットへの対応を
すすめていきたい考えのようです。




参考サイト:

Google Search Layout Change is Here to Stay, Despite Poor Reviews
http://searchenginewatch.com/article/2334399/Google-Search-Layout-Change-is-Here-to-Stay-Despite-Poor-Reviews






Top