最新のSEO(検索エンジン最適化)情報サイト【SEO-ch】

インフィニティスクロールでサーチフレンドリーを実現させるために

2014年2月17日

カテゴリー :

Google

最近のWebトレンドとされている「インフィニティスクロール」。

インフィニティスクロールとは、スクロールしてページ下部までたどり着くと、
次のページを自動的に読み込んで表示する機能です。無限スクロールとも呼ばれ、
Twitterのタイムラインや、Facebookのフィードのように、ユーザーが手動で
ページ送りする手間を軽減します。ソーシャルメディアでよく見られている機能ですが、
最近の新しいサイトでもこの機能がよく使われています。

しかし、このインフィニティスクロール機能を採用したウェブサイトが
グーグルボットにトラブルと認識されることがあります。インフィニティスクロールは
ユーザーにとって便利な機能ではありますが、検索結果のランキングが
下がるようなことを回避するために、グーグルボットが正しくクロールできているか
確認する必要があります。

インフィニティスクロールの問題は、昨年10月に行われたPubconでも
指摘されています。そこで、グーグルは、一般的にGooglebotやボットによって
すべてのコンテンツがクロールされていることを確認するためには何をすべきか、
最善策を提案しています。

最善策の中には、URLの構築方法、無効になったJavaScript改ページの構築方法
ヘッダーの構築方法などが含まれています。

ミューラー氏は、ページをロードする際はユーザーが探している情報に
簡単にたどり着けるかどうかに注意するように、とアドバイスしています。
ユーザーがまだコンテンツを探している最中にロードされないように気をつける必要があります。
ユーザビリティの観点からも、ユーザーが探している情報がみつからないと判断して
競合のウェブサイトに行ってしまうことが考えられます。

また、コピーコンテンツ(重複コンテンツ)がないかどうか確認するようにとも
アドバイスしています。別々のページなのにコンテンツが重なりあってしまう場合、
サイトの評価を下げられてしまいます。





インフィニティスクロールをサーチフレンドリーにするには・・・
Infinite scroll search-friendly recommendations


参考サイト:

Google: Here's How to Make Infinite Scrolling Websites Search-Friendly

Facebook風の無限スクロールが作れるinfinite scroll