検索とコンテンツマーケティングの未来とは?

2014-02-10

Google、Bing、Yahoo!の影響力は引き続き大きいものですが、
コンテンツマーケティングのスキームが少しずつ大きくなってきているので、
全体が占める重要度の割合は低くなってきています。


Facebook、Amazon、Yelpなどに目を向けてみてください。主要な検索エンジンより、
ソーシャルメディアなどの「ニッチ」な検索エンジンに目が向けられるようになり、
主要な検索エンジンの勢いは衰えきています。

Forrester Researchのデータによると、ウェブサイトを探すために
ソーシャルメディアを利用する人たちの割合は、2011年から2012年に7%上昇しています。

niche-search-engines-covario-inflectionpoint
by Covario's INFLECTIONPoint 2014

このようなデータは、マルチチャネル·コンテンツ·マーケティングの重要性を示しています。
実際に、薬局、レストラン、金融機関のような業界は、自然にモバイルユーザーの重要性が
増しています。ユーザーがモバイルデバイスで「B of A」を検索しているとすると、
それは「About Us」(企業情報)ではなく、「Contact」(連絡先情報)を探していると考えられます。

レスポンシブWebデザインなどのデバイスの最適化だけでなく、デバイスにあった
コンテンツの作成が求められています。そして、それはGoogleやBingなどの検索エンジン
だけではなくなっています。

今後忘れてはいけない検索エンジンとして、下記の3つが挙げられます。

・Pinterest
・Yelp
・Foursquare

また「Contet is King」と言われ続けているように、価値のあるコンテンツが必要とされ
価値のあるコンテンツにはストーリー性が重要視されています。

「百聞は一見にしかず」というように、単なる画像にストーリー性が加わることで、
ユーザーの感情に訴えかけて価値のあるコンテンツになります。




参考サイト:

Future of Search & Content Marketing: Expand Your Mindset
http://searchenginewatch.com/article/2327242/Future-of-Search-Content-Marketing-Expand-Your-Mindset



Top