Google Glassの次は、コンタクトレンズ?



現在、アメリカで試験運用が行われているグーグルグラスが、日本上陸を噂されています。
眼鏡をかけて「OK Glass」話しかけると、瞬きでシャッターを切っての写真撮影、
録画などの操作が可能になるというだけでも驚きです。

Google Glassの次は、コンタクトレンズ?





ということで、今回は、スマート・コンタクトレンズ・プロジェクトについてご紹介します。

スマート・コンタクトレンズといっても、グーグルグラスのコンタクトレンズ版ではなく、
糖尿病患者のための血糖値を測るための医療機器のようなもの。

地球上の19人に1人が、糖尿病患者といわれている現代。その多くの人たちが、
血糖値を管理しなければならず、大変な思いをしていることにお気づきでしょうか?

血糖値をコントロールできないと、危険な合併症を引き起こすリスクが高くなり、
視力や肝臓、心臓などにダメージを与えることになります。もしも、運転中に
血糖値が低くなって気絶した場合など、事故に繋がるリスクも考えられます。

そこで、グーグルが次に開発しているのが、ブドウ糖の数値を測ることができるコンタクトレンズ。
小型化された小さなワイヤレスチップのセンサーが、涙の中のブドウ糖の数値を測ります。

グーグルは検索だけではなく、病気の人たちの負担やリスクを軽減するための開発など、
今後、様々な分野に参入してくるのではないでしょうか。


参考サイト:

Introducing our smart contact lens project
http://googleblog.blogspot.jp/2014/01/introducing-our-smart-contact-lens.html





Top