最新のSEO(検索エンジン最適化)情報サイト【SEO-ch】

検索結果の順位によって異なるアルゴリズムを使ってる?

2014年1月16日

カテゴリー :

Google

今日は、グーグルに寄せられた面白い疑問をご紹介します。

-----------------------------------------------------------------------

グーグルは、検索結果1ページ目の検索順位に、
全ての同じアルゴリズムを使っているのでしょうか
もしくは、順位によって異なるアルゴリズムを使っていたりするのでしょうか?

たとえば、1~3位はサイトの更新性、4~6位は被リンク、
7~10位はソーシャルシグナルに注目している、など。

-----------------------------------------------------------------------
 




SEOに特化していうと、通常、1位であっても100位であっても、
1ページ目であっても100ページ目であっても、すべての検索順位結果のページに
同じアルゴリズムを用いています。

検索順位は何によって決定されているかというと
検索キーワードとの関連性やサイトの評判などによるものです。

検索結果一覧は、すべて同じアルゴリズムが使われていて、
その上位10サイトが1ページ目に表示さているだけなので、
9位に表示されたサイトは、被リンクが少なくても
ソーシャルシグナルが多ければ、1ページ目に表示され続ける
というわけではないということです。


検索結果順位によって、アルゴリズムが違うのでは?なんて
考えたこともありませんでしたが、もし異なるアルゴリズムを使っていたなら、
順位ごとに異なるSEO対策も必要になってくるということですね。
7位をねらってソーシャルシグナルを増やそう!なんてことも。。
実際は、そんなことはありませんが。



参考サイト:

Are results in different positions ranked by different algorithms?