最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

【SEOニュース】 短期間だけ発生するコピーコンテンツの対処方法


もし、短期間だけコピーコンテンツが存在してしまう場合、
たとえば、丸一日だけ、新旧2つのURLの異なるサイトに同じコンテンツが存在する場合、
コピーコンテンツを理由にグーグルからペナルティを受けないようにするには
どうしたらよいのでしょうか?




まず、ホワイトハットSEO目的であり、クオリティの高いコンテンツであることが条件ですが、
コピーコンテンツの存在が短期間であっても、カノニカルタグ(rel=”canonical”)の設置を
お勧めします。 カノニカルタグの設置方法についてはこちら 


コピーコンテンツが複数存在する場合、どのコンテンツが主となる代表コンテンツであるか
はっきりさせることが重要です。

たとえば、最新情報を少しずつアップしていき、最後に複数のショートコンテンツをまとめて、
一つのコンテンツにまとめた場合であっても、ショートコンテンツとまとめたコンテンツの一部は
内容がかぶっています。その場合、どれが代表コンテンツなのか分かるように、
カノニカルタグを設置することが有効です。

代表コンテンツにカノニカルタグを設置しておけば、サイト内に同様のコンテンツが
複数あったとしても、ペナルティを心配する必要はありません。


今回は短期間だけ発生するコピーコンテンツかもしれませんが、
今後もコピーコンテンツが発生する可能性はあります。
短期間だけ発生するコピーコンテンツであっても、カノニカルタグを設置しておくとよいでしょう。



参考サイト:

How should I address a small duplicate content issue?
http://youtu.be/MndQPxmPKDE


カノニカルタグに関する関連ニュース:

5年前の疑問「5年後もSEOは存在している?」答えは・・・
http://www.seo-ch.jp/news/399

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top