最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

【SEOニュース】グーグルはコピーコンテンツをどう扱ってるの?


グーグルはコピーコンテンツをどのように扱っていて、SEOの見解から、
どんなネガティブな影響を検索順位結果に与えているのでしょうか?




ウェブサイトを見て、全体の25~30%のコンテンツが他のサイトのコンテンツと同様であれば
コピーコンテンツとみなされます。

コピーコンテンツというものは、通常ウェブ制作していれば起こりえるものです。

ブログの一部を引用したり、ブログのリンクを貼ったりということは、よくあることです。
そのため、コピーする度にスパムとみなされるというものではありません。コンテンツを引用することで、
元のコンテンツを補足したりするので、それ自体はユーザーに有益な情報を提供していることになり、
悪いことではありません。

現状として、グーグルはまずコピーコンテンツを探し出し、コピーコンテンツをグループ分けします。
検索したときに、まったく同様の2つのコンテンツが検索結果に表示されたとします。
通常は、同じ2つのコンテンツを表示せず、1つのコンテンツ(ページ)を表示して
もう一つのコンテンツを検索結果から外すことはあります。
ただ、それはまったく同じ情報が検索結果にたくさん並んでしまうのを防ぐためであり、
スパムとしてペナルティを与えたわけではなく、コピーコンテンツであっても、
正しく検索順位表示されるようにグーグルは評価しています。

これは、コピーコンテンツを悪用したり、乱用したり、悪意があってズルしようとしたりするなら、
グーグルが正しく評価した上で「スパムとして扱う」ということを意味します。

ツイッターで「コンテンツが自動作成されたブログが、悪意のあるスパムではないとするには
どうすればいいですか?」という質問がありましたが、価値のないコンテンツを自動作成している
だけならばそれは問題なので、スパムとしてみなされる可能性は高いでしょう。

ただ、通常の通りウェブサイトを作っている分には特に問題ありません。
xxx.com、xxxx.ukのようなドメインが違うだけでコンテンツが同じだったり、
新しいサイトを作ったけれど、しばらく古いバージョンと新しいバージョンのサイトを保有していたとしても、
それはよくあることなので気にすることはないでしょう。


コピーコンテンツであっても、悪意のある価値のないコピーコンテンツでない限り、
グーグルがスパムとして扱うことはないようです。


参考サイト:

How does Google handle duplicate content?
http://youtu.be/mQZY7EmjbMA












最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top