古いサイトVS新しいサイト、SEOでの軍配はどっちに上がる?

2013-12-13

一般的に、歴史ある大きな会社より新しくて革新的な会社に信頼は移りつつありますが、
グーグルはいまだに、世間によく知られた古いウェブサイトを好む傾向にあります。


SEOによる上位表示の要因としてオーソリティはとても重要です。
よりオーソリティの高いウェブサイトや古いサイトが新しいサイトより有利になってしまうなら
グーグルはオーソリティの評価方法を変えるべきなのでしょうか?

※オーソリティサイトとは、グーグルが「良質で多くの人に支持されている」と判断したサイトです。



現在のマーケットは新しいブランドを好む傾向

大きくて歴史あるブランドが世界で最も信頼されているという時代がありましたが、今は変わってきています。
金融危機によって金融機関が崩壊してから、アパレルやファストフード、エネルギー業界のよく知られた
ブランドにとって、企業の社会的責任を果たすことや持続性を保つことが難しくなっているようです。
世界中の政府機関は、エドワード・スノーデンのような人たちから発信されるマイナス情報に悩まされています。
大きなメディアは「コンテンツ無料」の社会を生き残るために苦しんでいます。昔からある大きな出版社でさえ
人々の信頼を失いつつあります。

新しく革新的なブランドは、年々優位になってきています。大衆の意見を信じる傾向にあるため、
見識ある学者や、有名な専門家よりも親しい友人の意見を重視します。

信頼は作りあげられ、ビジネスを崩壊させます。たくさんの情報を得た大衆は、裁判官、陪審員、死刑執行人の
ように振舞っています。会社が行うすべてのことは大衆の監視下に置かれ、不祥事などは実際に行ったこと以上
のこととして世間に広がります。大衆を信頼することが賢いかはわかりませんが、現在のマーケットでは
大企業が過去に持っていた信頼は取り払われてしまっているのが現状です。

インバウンドリンクを取り込むにはソーシャルメディアが有効だと言われています。
多くの場合、リンクの急増はグーグルの検索順位にプラスの影響を与えますが、その影響は徐々に消え、
効果は数少ないキーワードに限定されます。 もし、まぐれではない成功であると証明したいのなら、
リンクがコンスタントに増加し続けることにより、検索上位表示し続けなければなりません。

適切なSEOを行わないと、スパムとしてみなされて逆にペナルティを受けることになります。
グーグルのSSL化により、オーガニック検索のトラフィック上の追跡が難しくなっているので、
SEOやリンクの構築に投資することも難しくなっています。


古いサイトが持つオーソリティドメイン

グーグルの目から見れば、ブラックハットのSEO戦略ではない長年にわたり正しいリンクを持っている
サイトはとても魅力的であり、高いオーソリティを獲得することができます。多数のテーマやキーワードの
コンビネーションによってランク付けされたウェブサイトによって、ドメインオーソリティは形づくられます。
全てのキーワードに関連したリンクを保有する必要はありません。競合性の高くない、広い範囲での
キーワードを獲得することで、オーソリティーの高いウェブサイトを獲得できます。オーソリティードメインが
関連性の高いリンクを獲得すると、もっとも高いレベルの強力なサイトになります。

高いポジションを獲得するためのSEOの効果は、すでに古くからあるサイトが獲得してしまっているのです。


グーグルはどちらかに肩入れしている?

グーグルは有料広告を通して集客する新しい方法を構築していますが、自然検索については
最適化の方法を開示することは少なくなってきています。古いサイトは変わりつつある状況に対応するため、
いままで蓄積したSEOノウハウを利用し続けています。

グーグルは、前からあるサイトを優遇している傾向にあり、ドメインオーソリティの高さは、
出発点としては現存するサイトに有利に働いています。

今こそ、「ドメインオーソリティ」アルゴリズムが見直されるべき時ではないでしょうか。


新しいサイトはどうするべき?

新しいサイトだからといって、SEOをあきらめることはありません。
ただ、SEOがどう効果的に働くのかを理解した「過去の」SEO専門家が必要です。
かつて上位10以内に入ったサイトに近づけることができるからです。

新しいサイトは、古いサイトに比べて自由に施策を行っていくことができます。
新しいサイトは、グーグルの恩恵に授かりながら、古いサイトとうまく競争していくことが
重要になっています。



参考サイト:

Old Sites vs. New Sites: Which Will Win in SEO?
http://searchenginewatch.com/article/2318629/Old-Sites-vs.-New-Sites-Which-Will-Win-in-SEO








Top