最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

【SEOニュース】少しだけだったら、他のサイトの記事をコピーしても大丈夫?


他のウェブサイトの一部の記事を多少コピーして、
自分のサイトにオリジナルの記事の一部として取り入れても大丈夫なのでしょうか?
その場合、コンテンツの参照元(URL)は必ず明記します。



ヤフーは、特にこの方法を「stitching」(縫い合わせ)といって、とても嫌っています。

例えば、2~3行は記事Aから持ってきて、他の2~3行は記事Bから持ってきて、
そして、また他の2~3行は記事Cから持ってきて、、、というように、
1つの記事が、他の複数の記事から成り立っていることを「stitching」といい、
スパム行為とみなされます。

引用句をいくつか引っ張ってくるくらいなら、そんなに問題にはならないかもしれませんが、
まず、なぜ他のサイトから記事(コンテンツ)を引用する必要があるのか?を考えてください。

テレビの場合でも、いろんな番組の一部を寄せ集めた番組より、オリジナルの番組の方を
見たいという人が多いはずです。

たくさんの情報をまとめて、とてもよいコンテンツをつくりだすこともアリですが、
一つの記事として統合する必要があります。

ウィキペディアがいい例です。

トピックについての説明文の下に、参照元が表示されています。ウィキペディアは、
複数のサイトから一文ずつコピーして継ぎ合わせて記事を作っているのではなく、
要約したり、第三者目線で一つの記事にまとめているので、ユーザーにとって
有益な情報となり喜ばれています

もし、そういった意味で「他のサイトのコンテンツの一部を取り入れる」ということでしたら
新たに一つのコンテンツとして成立しているので、問題はありません。

ただし、複数のウェブサイトから少しずつ文章を集めて、切り貼りしたような記事(コンテンツ)を
つくるとしたら、スパムとしてみなされてしまうリスクが高いので、それはやめた方がいいでしょう。


参考サイト:
Is it a good practice to combine small portions of content from other sites?
http://youtu.be/Z13-yP3Zhns





最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top