Google+とSEO:Google+はどうやって検索結果に影響を与える?②

2013-11-19

もし、Google+のプラットフォーム外で作られたコンテンツだったとき、
このコンテンツはパーソナライズされていない検索順位に影響を与えることができるのでしょうか?

今回の検証結果では、Google+が検索結果に影響を与えることはありませんでした。

ただ、テストに使われたコンテンツには、内部外部リンクがなく、
さらに「シェア」「+1」「コメント」も一つもありませんでした。

これは、シェアやリンクを完全に除外したGoogle+は、
検索順位にまったく影響を与えないことを意味します。

そのため、Google+は、内部外部リンクやソーシャルシグナルを利用すれば
検索結果に影響を与えるということが言えるでしょう。


最近、グーグルはハミングバードをリリースしましたが、
大半の人たちは、「Natural Language(自然言語)」検索クエリ処理の
改善だけだと思っているようです。しかし、これは一部の改善でしかなく、
実際は、ハミングバードによって、グーグルの検索エンジンプラットフォームは
全て新しく書き換えられています

サーチエンジンランド創始者のダニー・サリバン氏によると、ハミングバードの一環として
リンクよりソーシャルシグナルを評価基準として組み込むことを、グーグルは認めているということです。

この情報は、今までグーグルがソーシャルシグナルを評価基準に取り入れていなかった
ということを立証しているようですが、ソーシャルシグナルはこれから、
間違いなく重要な評価基準に取り入れられることになります。

それに伴い、グーグルはGoogle+から価値を判断できる正確なシグナルを引き出す
アルゴリズムを開発しようとしています。

わかりやすいように、3人の異なる人物像を思い浮かべてみましょう。(※例はあくまで憶測です)

【人物1】
Google+のアクティブユーザーで、たくさんのコンテンツをシェアしたりされたりしている人です。
た、いつも思慮深い解釈を加え、同様に他の人の記事にも多くコメントを残します。
それらの投稿は、たくさんの「1+」「シェア」「コメント」をもらい、
他の人たちに投稿したコメントにまたコメントされたり、たくさんの反応が返ってきます。
Google+を利用して多くの人とたくさんの情報を交わしています。

【人物2】
Google+のアクティブユーザーで、たくさんのコンテンツをシェアしたりされたりしている人です。
かし、【人物2】はあまりコンテンツを追加しないので、相互関係にある人たちと同じレベルには
達していません。この相互関係で、【人物2】のやる気をあまり感じられず少し一方的な傾向があります。

【人物3】
Google+のアクティブユーザーではありません。【人物3】はロックスターで、他の人たちも
【人物3】が有名人であることを知っていますが、【人物3】は今までGoogle+を使ったことがありません。


グーグルが、検索結果で【人物3】にペナルティを与えることはありません。
グーグルができることは、【人物1】と【人物2】を比べて判断することです。

もちろんこれは推測であり、グーグルがどんなタイプのシグナルを探しているのかはわかりませんが、
信じられない数のテストと確認を繰り返しながら、グーグルの検索結果の価値を上げて
確実に評価する方法を探しています。


要約

現在、Google+がパーソナライズされた結果に影響を与えているかどうかは誰にもわかりません。
確認できていることは、ページランクフローが実行されているということです。

パーソナライズはかなり強く影響を与えていることはよく知られており、
Google+の投稿は検索エンジン結果表示ページ上でも順位表示されます。
これは、すでにGoogle+とグーグルの検索結果が結び付いてると言えるでしょう。

グーグルはGoogle+から直接情報を得ています。フェイスブックやツイッターとは違って、
クロールするような工程は必要ありません。グーグルの計画に沿った戦略通り、
Google+は成長し続けています。

ミングバードによって、Google+はパーソナライズされていない検索結果にも
影響を与えるようになったと考えられます。


>> Google+とSEO:Google+はどうやって検索結果に影響を与える?① に戻る



参考URL:
Google+ & SEO: How Google+ Impacts Search Results


Top