Google+とSEO:Google+はどうやって検索結果に影響を与える?①

2013-11-18

Google+のリンクシェアはSEOに影響を与えないと言われていますが、
Google+は、いくつかの点で検索結果に影響を与えており、
Search Engine Watchのエンリゲ氏が、パーソナライズについて検証しています。


パーソナライズ


Google+が検索結果に影響を与えるもっとも直接的な点は、パーソナライズです。

※パーソナライズとは?
 情報のカスタマイズ化。各ユーザーに対して、最適な情報を提供することです。

たとえば、もし誰かがあなたのGoogle+をフォローしたとしたら、フォローしたユーザーが
利用するグーグル検索結果で、あなたの投稿が上位表示されやすくなります。
通常12位表示されるサイトが、Google+でフォローしたユーザーに対しては2位表示される
ようにパーソナライズされるなど、グーグルの自然検索結果にも大きな影響を与えています。

1000人以上にいいね(+1)をもらっている記事についてはどうでしょうか。
いいね(+1)した全員に対して、その記事だけではなく、いいね(+1)された人のコンテンツ
すべてが表示されやすくなります

1. Google+をフォローしている人たちは、フォローしている人のコンテンツを見る機会が増える。
2. 誰かのコンテンツにいいね(+1)をすると、その人の全てのコンテンツを見る機会が増える。

これだけでも、かなりすごい影響力です。

ターゲットとなる熱心なファンを獲得できるだけでなく、もし、大きな影響を与えるインフルエンサーが
いいね(+1)コンテンツをシェアしてくれたなら、ターゲット市場を大きく拡大することができます。
それに加えて、Gmailアドレス交換している人たちにも、パーソナライズされた検索結果が
示されやすくなります。



検索結果ページに表示されるGoogle+の投稿について


Google+がパーソナライゼーション以上に影響を与えていることがわかる事例として、
パーソナライゼーションされないように、プライバシーモード(閲覧後に閲覧履歴などの
記録を自動で削除する)機能を使って検索した場合にも、
Google+でいいね(+1)した人の記事が上位表示されることが確認されています。

Google+にログインしていなくても、もともとGoogle+の検索結果で上位表示されている
コンテンツだったことが理由として考えられます。



>> Google+とSEO:Google+はどうやって検索結果に影響を与える?② に続く




参考URL:
Google+ & SEO: How Google+ Impacts Search Results
http://searchenginewatch.com/article/2307518/Google-SEO-How-Google-Impacts-Search-Results


Top