最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

【SEOニュース】レスポンシブウェブデザインを利用した場合のSEOのデメリットはある?


モバイル版サイトを別途用意するのと比べて、
レスポンシブウェブデザインを利用した場合、SEOのデメリットはありますか?





まず、通常のデスクトップのブラウザーで見るサイトと、モバイル版のサイトを運用している場合、
いくつかのお勧めの運用方法があります。

一つはレスポンシブウェブデザインです。

レスポンシブウェブデザインで作られたサイトは、デスクトップのブラウザーからアクセスしても、
モバイルのブラウザーからアクセスしても、ページの拡大縮小など
表示サイズが自動的に調整されたりして、ユーザーに問題なく表示されます。


もう一つは、リダイレクトする方法です。

その場合、ユーザーが携帯電話、スマートフォンからアクセスした場合、
モバイル用のm.×××サイトへリダイレクトされます。

グーグルのガイドラインでは、どうやってカノニカルタグ(rel=canonical)を設定したらいいか
など適切な対応方法を紹介しています。

「携帯端末に最適化されたウェブサイトの構築方法」日本版
 
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/03/making-search-friendly-mobile-websites.html


レスポンシブウェブデザインを使ったからといって、SEOのメリットを失うことはありません。

逆に、レスポンシブウェブデザインを利用せず、モバイル版のサイトをうまく運用できていない場合、
デスクトップ版とモバイル版のサイトのページランクが異なる場合が出てきます。

レスポンシブウェブデザインを使っていれば、デスクトップ版とモバイル版のサイトを連携させて
まとめて運用することができ、そのためページランクはまったく同じになります。

レスポンシブウェブデザインを使うことによるSEOの効果を気にするよりも、
最終的には、ユーザーにとって使いやすいサイトか、ページ表示速度に問題はないか、
その点が重要になってくるということです。


参考サイト:
Is there an SEO disadvantage to using responsive design instead of separate mobile URLs?
http://youtu.be/D03wRb4s7MU




最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top