最新のSEO(検索エンジン最適化)情報サイト【SEO-ch】

【PPCニュース】 アドワーズで1位表示されたからといって、CTRも常に高いわけではない?

2013年11月7日

カテゴリー :

Google


グーグルの有料広告PPCの検索結果で1位を獲得した場合
何クリックのシェアを獲得できるのでしょうか?

デジタルマーケティングエージェンシーAccuracastが
12ヶ月間の約200万クリックを対象に広告活動をまとめまたので
一つの検証結果としてご紹介いたします。

CTR(click-through rate/クリックスルー率)とは・・?
広告がクリックされた回数を広告が表示された回数で割ったもの。
この値が高いほどユーザーは広告に反応しているということなので、
広告効果が高いとみなされます。


通常、1位表示された広告の平均クリックスルー率は7%、
2位表示ではCTR3%、3位表示では2%と言われています。

しかし、今回のAccuracastの検証結果では、1位表示されたからといって、
いつもCTRも一番いいというわけではなかったようです。

今回は、グーグルパートナー検索やネットワーク検索など、
様々なグーグルの広告チャンネルで検証しました。

AOL、Ask.comなどのようなサイトが検索結果に上がる
グーグルパートナー検索上の広告表示データを見ると、
5位に表示されている広告のCTRが大きく伸びていることが
わかりました。

Accuracastは、「グーグルパートナー検索上のCTR順位の影響は
極めて重要性に乏しい。ネットワーク検索上で1位表示されている
広告のCTRは、2位から9位表示された広告よりも1位表示の広告の
CTRが少しだけ高かった。」ことに注目しています。

パートナー検索で同じキーワードクエリで表示される広告の情報は、
比較的少ない量であるということが言えるようです。

グーグルのディスプレイネットワークでは、表示順位3位のテキスト広告の
CTRが0.29%で、表示順位1位のテキスト広告(CTR 0.17%)を上回りました。

このデータは、実際驚くべきことでした。
パートナー検索上で表示順位5位の広告、
コンテンツネットワークで表示順位3位の広告のCTRが
大きく伸びているのに気付いたとき、
最初は、Accuracastもデータの正確性を疑ったほどです。

Ask.comやAOLのようなサイトに関しては、広告であっても自然検索であっても
はっきりとわかる違いは見られなかったということです。


参考URL:
No. 1 Position in AdWords Doesn't Always Get Highest CTR [Study]