【SEOニュース】PubConにおいて、グーグルが今後の方針を発表


10月中旬にラスベガスで開催されたPubConにおいて、グーグルのマット・カッツ氏は
グーグルの方針について、パンダが緩和されること、ブラックハットや児童ポルノ対策に
より傾注すること、2014年はモバイル最適化が鍵になること等を語りました。


まず、マットカッツ氏はグーグルの「ムーンショット・チェンジ」(グーグルが提唱する壮大な構想)
について下記のテーマを紹介しています。

・ナレッジグラフ
・音声検索
・会話検索
・Google Now (Googleのスマホ向けサービス)
・Deep Learning(人間の脳を模して作られたコンピューター)


音声検索に対応したDeep Learning


音声検索は、ユーザーが利用する検索クエリの形を変えつつあります。
音声検索すると、今までよりもっと詳しく掘り下げて性能を上げていることがわかります。

たとえば、天気について「天気はどう?」と音声検索した場合、グーグルはユーザーが
さらに詳細を述べるだろうと認識しています。「明日は雨が降りますか?」という音声検索では、
今いる場所、たとえばラスベガスの天気結果が表示されます。
さらに「マウンテンビューではどうですか?」と言うと、それがユーザーが知りたい掘り下げた情報
だということを認識してマウンテンビューの天気が表示されます。次に、「週末はどうですか?」
と音声検索すると、マウンテンビューの週末の天気が表示されます。


ハミングバードについて


ハミングバードがランク付けに影響を与えているのではないかという議論が
ブログ上でよくされていますが、あまり関連性はないようです。

事実として、ハミングバードが公開された1ヶ月ほどだれも気づきませんでした。
第一に、ハミングバードは主要部分の品質の変化であり、
ブログで多くのウェブマスターがコメントしているようなSEOの変化はなく、
SEOに影響を与えることはほとんどないということです。


パンダアップデート


SEOに関する一番の関心事である、パンダアップート(コンテンツの質の管理)については
緩和されるという見方です。パンダアップデートに影響を受けたかもしれないサイトについては、
もしそれが質の高いサイトであるなら、今後、検索順位は回復するだろうと
マットカッツ氏は語っています。


オーサーシップ(著者情報公開)について


オーサーシップとは、自分が著作したコンテンツと著作者情報を紐付けることで、
グーグル検索した際に、検索結果ページにサイト著作者の情報(写真や名前)を
含んだリッチスニペットを表示する仕組みです。

のオーサーシップは、検索結果の中でこれからも重要な情報として、
グーグルは今後も重要視していきます



グーグルのモバイル検索結果


スマートフォンの検索結果に対する影響についてです。モバイルフレンドリーであることは
引き続きSEOでは必要な要素です。モバイルフレンドリーでないサイトに関しては、
モバイル上の検索順位でマイナス評価を受けることになるでしょう。

・フラッシュが表示されないモバイルには、グーグルは検索結果にフラッシュサイトを表示しない
・フラッシュが重いサイトの場合、その使用を検討するか、モバイル版では使用しないようにする必要がある
・サイトのホームページではなく、ユーザーが訪問する内部のページに全てのモバイルトラフィックを
 設定している場合、ランクは下げられてしまう
・サイト速度がモバイル上で遅い場合、グーグルはランクを下げる可能性がある

モバイルのアクセス数は著しく増加しています。モバイル対策に関しては
早急に取り掛かる必要があります。


ペンギンアップデート(スパム戦略)


「給料日」「ローン」「自動車保険」や、いくつかのアダルトキーワードを含む言葉が
スパムとなる傾向があります。特に収益性の高いキーワードをスパマーは狙っているので、
それらを考慮してスパムを排除したアルゴリズムに取り組んでいます。


ページランク


いままで定期的に更新されていたページランク(Google から見たウェブページの重要度)ですが
システム的な不具合により今年中の更新が難しいということです。今後いつ更新されるかは
わかりませんが、更新されなくてもちゃんと判断基準には取り入れているということです。

今までもささやかれていたページランクが廃止されるのではないか、という憶測については、
事実からそんなにかけ離れているわけでもないようです。



参考サイト:

http://searchenginewatch.com/article/2302895/Matt-Cutts-on-SEO-PageRank-Spam-the-Future-of-Google-Search-at-Pubcon-Las-Vegas




Top