Google検索結果に画像広告が表示開始(商品リスト広告)

もしかすると、既にお気づきの方もいるかもしれませんが、
本日からGoogleの検索結果のレイアウトが一部変更されています。

たまたまいつものようにGoogleの検索結果を眺めていると、
いつもと違う検索結果になっていたので、
本日はこちらをピックアップしてみました。

●商品リスト広告が日本でもご利用可能に
 http://goo.gl/FduT1

Googleで「スーツケース」と検索しますと、マルイさん・アマゾンさんの
取り扱っているスーツケースの画像が掲載されています。

通常のAdwords広告枠の一部に画像が表示されているため、あれっ?と
感じたのですが、新しい「商品リスト広告」という商品名のようです。

これまでのように「テキスト」で商品名や自社および商品のメリットを訴求するのではなく、
直接視覚的にユーザーが商品を確認することができるため、
ユーザーの広告をクリックした後のニーズの不一致(ムダクリック)が抑制され、
通販サイトをお持ちの広告主様には非常に有益ではないか、と考えます。

(例)A社の赤い「スーツケース」を探している場合

→「A スーツケース 赤」と検索すれば、概ね「青」のスーツケースは自然検索結果には
 表示されにくいと思いますが、Adwords広告において「スーツケース」の部分一致で
 広告出稿を行なっている場合は、「A社」および「赤」以外のスーツケースも表示されてしまいます。
 そのため、検索ユーザーが誤ってそのAdwords広告をクリックし、商品ページへ来訪したものの
 自身の求めるスーツケースではないため比較検討に入らず、ムダな広告費となってしまう
 可能性がございます。

→今回リリースされた「商品リスト広告」では、視覚的に商品の画像が表示されるため、
 そもそも「赤」のスーツケースが欲しいユーザーは、仮に「青」のスーツケースが表示されても、
 クリックする可能性は極めて低くなります。
 そうした視覚的に解決できるニーズの不一致を抑制することが可能となるため、
 是非ウェブ上で販売活動を行われる広告主様には積極的にご活用頂くべきと考えます。

それにしても、検索結果にどんどん画像が増えていきますね。。。
今後は、この商品リスト広告を活用した画像での訴求も広まっていくと想定されますが、
自然検索に表示される「ショッピング検索結果」で自社の商品を表示させたい、というニーズも
高まりそうですね。(自然検索結果は無料ですから)

ご存知のようにGoogleの検索結果は日々進化しています。

やはり最新の技術を知り、自社のプロモーションに活用できる技術はどんどん活用していくべきと
考えますので、引き続き何か発見次第、情報発信させて頂きます。
Top