Facebookの新しいプロモーション戦略:アドバンテージを取るための6つの方法


インターネットが普及し、テレビや新聞に接する時間が確実に短くなっている昨今。
企業はインターネット上に、ユーザーと直接的な交流を図れる場所を求めるようになりました。

自社のホームページを活用するケースもあれば、TwitterやFacebookなど
SNSを活用するケースまで様々。

今回は、Facebookを使った新しいプロモーション戦略をご紹介します。
「アプリからタイムラインへ。そして、その上でアプリをどう活かすか」が鍵です。


1. 参加ユーザーを増やす


今回ご紹介するプロモーション戦略、最大のポイントはFacebookのタイムライン上で
企業がプロモーションを行えるようになったということです。

それまで専用のFacebookアプリをインストールしてくれた人にしか
プロモーションが行えませんでした。
企業ページのタイムラインでプロモーションができるので、
ファンはもちろんのこと、見込み客を引き込みやすくなりました。



2. リーチやエンゲージメントを増やす


ただ参加ユーザーが増えただけでは、あまり効果が上がりません。
プロモーション用に投稿した文章は、その文章ページを「いいね!」
した人のニュースフィード上で目立って表示されます。
つまり、「いいね!」を押したくなる工夫が必要になってきます(後述)。
そして、Facebookでは「○○さんが『いいね!』しています」という形で
リーチが広がっていくため、ますます閲覧者や共感者が増えていきます。



3. 楽しませ、喜ばせる


タイムライン上での企業ページのプロモーションは、速効性が高く、
比較的容易に行うことができます。そこからもう一歩、ユーザーに歩み寄れるかが
他の企業との差の付け所になります。分かりやすいゴールは、タイムライン上で
ユーザーとのインタラクションが生まれること。企業なら景品セールスだったり
個人向けのプロモーションだったりを、さも偶然であるかのようにデザインできるはずです。



さて、ここまで企業のFacebookを使ったプロモーションは、
企業ページのタイムラインを活用すべきだという話をしてきました。
Facebookアプリだとタイムライン上でのプロモーションに比べて、
プランニングが難しく実現までの負担も大きいです。

ですが、その分アプリの効果や恩恵は絶大で、見落としてはなりません。
ここからは、企業プロモーションで改めていかにアプリを取り込んでいくかを
ご紹介します。



4. 個人情報を集める



企業がFacebookアプリでプロモーションする最大のメリットは、
ユーザーの個人情報を獲得できることです。もちろん倫理道徳的に許容される限度はありますが、
アプリのインストール要件として取得する個人情報の種類を設定することができます。

ユーザーにとっても、タイムラインでコメントしているだけでは得られない経験を
味わうことができますから、ファンユーザーは余程のことがない限り
インストールしてくれるはずです。



5. ファンを育てる



アプリを使おうとなると、どうしてもインストールのときに手間がかかってしまいます。
手間がかかっても、ここでしか味わえない特別な体験ができると期待して人が集まってくるのです。

そこで1つ有効なのが、ファンにただインストールしてもらうだけのアプリを作るという方法。
ファンたちの集まるプラットフォームを形成できる上、ファンでない人たちもそこに参加したい、
混ざりたい、という欲求を喚起してファン化することができます。



 

6. ここでしか味わえない体験を提供する


最後は、どんなキャンペーンを打っていくかという話につながってきます。
ユーザーの期待を裏切ることなく、きちんと喜んでもらえるコンテンツを用意しましょう。
例えば、Giltは新学期が始まる前に、学校をモチーフにしたコンテンツを発信し、
ユーザーに自分の子供の写真をアップしてもらいました。

着こなしが高く評価されれば$1,000の商品券がもらえるというキャンペーンで、
親子での参加を見事に喚起しました。



いかがだったでしょうか?

Facebookでの企業プロモーションは、専用アプリの発信よりカジュアルに行える
企業ページでの投稿へと、重きが移りつつあります。

ですが、アプリの持つ力はまだまだ健在です

双方の強みを活かして、弱みを補っていくことで、
きっと企業プロモーションが成功するはずです。




参考サイト

Facebook's New Promotion Policy: 6 Ways Brands Can Take Advantage
http://searchenginewatch.com/article/2294717/Facebooks-New-Promotion-Policy-6-Ways-Brands-Can-Take-Advantage


Top