最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

【SEOニュース】SEOに効果のある太字タグはstrongタグ?bタグ?



SEOの観点から、テキストを強調する際に使用する
<strong>タグ、<b>タグの2つに違いはあるのでしょうか?

ユーザーから見ると、どちらのタグも文字が強調(太字)される効果です。
どちらを使うべきか、どんな状況で使うべきかは、どうやって使い分けるといいのでしょうか?




よく聞く質問ですね。

この質問についてはグーグルは過去にも回答していますが
2006年とだいぶ昔のことなので改めて回答します。

グーグルの回答としては、2006年と何ら変わりはありません。

<strong>タグ、<b>タグのどちらを使ったとしても
検索順位、評価方法、どうやったらインデックスされるかなど、どちらもまったく同じ扱いです。

それと同じように、文字を斜体にするために使用する<em>タグ、<l>タグ、<i>タグ、
グーグルの評価としてはいずれも同じです。文字をイタリック体にしたいときは
どれを使っても全く問題ありません。

<strong>タグや<m>タグが新しいトレンドのように思われていてよく使われていますが、
<strong>タグ、<b>タグのどちらも太字と判断します。

また、<em>タグ、<l>タグ、<i>タグのどれを使っても斜体と判断するため、
何を使ってもSEO的にも違いはありません。

どのタグを使ってもグーグルの評価に影響を与えることは全くないので
好きなタグを使っていいようです。


参考サイト:
http://youtu.be/awto_wCeOJ4



最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top