最新のSEO(検索エンジン最適化)情報サイト【SEO-ch】

【SEOニュース】SEOに効果のある太字タグはstrongタグ?bタグ?

2013年10月22日

カテゴリー :

Google


SEOの観点から、テキストを強調する際に使用する
<strong>タグ、<b>タグの2つに違いはあるのでしょうか?

ユーザーから見ると、どちらのタグも文字が強調(太字)される効果です。
どちらを使うべきか、どんな状況で使うべきかは、どうやって使い分けるといいのでしょうか?




よく聞く質問ですね。

この質問についてはグーグルは過去にも回答していますが
2006年とだいぶ昔のことなので改めて回答します。

グーグルの回答としては、2006年と何ら変わりはありません。

<strong>タグ、<b>タグのどちらを使ったとしても
検索順位、評価方法、どうやったらインデックスされるかなど、どちらもまったく同じ扱いです。

それと同じように、文字を斜体にするために使用する<em>タグ、<l>タグ、<i>タグ、
グーグルの評価としてはいずれも同じです。文字をイタリック体にしたいときは
どれを使っても全く問題ありません。

<strong>タグや<m>タグが新しいトレンドのように思われていてよく使われていますが、
<strong>タグ、<b>タグのどちらも太字と判断します。

また、<em>タグ、<l>タグ、<i>タグのどれを使っても斜体と判断するため、
何を使ってもSEO的にも違いはありません。

どのタグを使ってもグーグルの評価に影響を与えることは全くないので
好きなタグを使っていいようです。


参考サイト:



Tags : SEO, SEO対策, Google