最新のSEO(検索エンジン最適化)情報サイト【SEO-ch】

これからやって来る!年末のビッグイベントに向けたECサイトのSEO対策

2013年10月11日

カテゴリー :

BingGoogleYahoo

10月に入ってすっかり夏の暑さは去り、秋の深まりを感じる今日このごろ。
これから年末に向けて、ハロウィン、クリスマス、ニューイヤーと大きなイベントが待ち構えています。

ECサイトを運営する上で、このビッグイベントたちは逃すわけにいかない絶好のチャンス!
10月から12月の期間の売上は、他の月の平均に比べて2倍~3倍に達すると言われます。
そこで、今回は年末に向けたイベント商戦のためのSEO戦略をご紹介します。



早めに動いて賢いプランニングをしよう!


ハロウィンにはじまりクリスマス、ニューイヤーというイベントは日本でも誰もが知っている、
国民的なイベントです。日本ではあまり馴染みがありませんが、海外に目を向けると
感謝祭(サンクスギビングデー)やその前後もECビジネスにとって重要なチャンスです。

プレゼントを贈るために商品を下見したり、パーティー用にディスカウントの日用品を探し求めたりと、
ウィンドウショッピングする人が大きく増える時期です。

しかしECサイトの多くは、10月までこれらのイベントに向けたコンテンツを公開しません。
これでは遅すぎます!大がかりなパーティーに向けて早くから動いている人も多くいますし、
SEO対策という意味でもなるべく早くに特設コンテンツを公開すべきなのです。



ビッグイベントのためのSEO4つのテクニック



1. イベント商戦用のキーワードをリサーチしよう


通常のSEO対策に関しても検索キーワードのリサーチを行いますが、それに加えて
昨年の同時期のオーガニック検索流入や効果的だった有料キーワードのリサーチをしましょう。
検索数が多く、コンバージョン率も高いキーワードを狙いたいです。

その際、GoogleトレンドやGoogle AdWordsを活用するのがオススメです。有用なキーワードを
洗い出す上で非常に便利な情報ソースとなる上、今季のイベントにヒットしそうなキーワードを
予見してくれる優れものです。ただ「クリスマス特集!」とするのではなく、「サンタからの秘密の贈り物」など、
ほんの少し工夫を加えるだけでECサイトのページビュー数が伸びてきます。


2. あれもこれも売ろうとしない


ハロウィンなどイベントごとに特設ページを用意すると思いますが、そこに掲載する商品コンテンツは
先に決めたキーワードに合わせて、しっかりと絞り込んでいきましょう。いろんなモノを並べて
売りだしたくなるかもしれませんが、そこはキーワードやコンセプトに合わせて我慢することが必要です。

 

3. 特設ページのリリースはお早めに


ECサイトでは、特設ページを作り始めてから販売開始できるまでにたくさんのステップを
踏まなくてはなりません。ですが、完全に公開する準備は整っていないとしても、
ランディングページを用意して「Coming Soon!!」と表示をすることはできるはずです。

「Coming Soon!!」状態になればユーザーの関心を引き集めることもできますし、
Googleなどの検索エンジンにサイトの存在を認知してもらい、
検索対象となる時間を確保することもできます。いざ公開してもオーガニック検索で
ヒットしないとなるともったいないので、早めに動いておきましょう。

 

4. 見えないところにキーワードを散りばめる


最後の仕上げとして、メタディスクリプションやサイトURLにもキーワードを反映させていきましょう。
もちろん、特設ページのコンテンツにもキーワードが含ませましょう。キーワードを入れすぎて
不自然で読みにくいコンテンツになってしまったら本末転倒ですので、読者にとって読みやすく
有益で質の高いコンテンツを目指します。



 
今回の話で一番大切なのは、

ランディングページでいいからいち早く特設コンテンツを公開すべきということです。
SEOのことを考えても、見込みユーザーを引き込むことを考えても、より早く動いておくことが
後々に活きてきます。まずはハロウィンに向けて、あなたも今すぐ動き出しましょう。




参考サイト:
E-commerce Holiday SEO Keyword Optimization: 6 Keys to Success
 
http://searchenginewatch.com/article/2294468/E-commerce-Holiday-SEO-Keyword-Optimization-6-Keys-to-Success







Tags : SEO対策, SEO