【SEOニュース】先週末、ペンギンアップデート2.1が実装されていました


10月4日(金)夕方、ペンギンアップデート2.1を実装したことを
グーグルのマットカッツ氏がTwitterで明らかにしました。

前回、ペンギンアップデート2.0の更新は今年5月22日だったので
およそ4ヶ月半ぶりの更新になります。





更新の影響については、ユーザーが気付くと思われる検索順位変動は
1%以下とのことで、影響は少ないと考えられます。

ただ、アメリカでは、ペンギンアップデート2.1が実装された直後に、
検索順位を50位以上落としたというサイトもあるようですので
注意して見ていく必要があります。

ペンギンアップデートは、ユーザーに有益ではないSEO目的の悪質なリンクを排除することを目的とし
主に、下記のようなブラックハットSEOやウェブスパムと呼ばれる悪質な対策にペナルティを与えます。

・PageRankを転送するリンクの販売、過剰なリンクの交換
・相互リンクのみを目的としたページ
・アンカーテキストリンクに大量のキーワードを詰め込む
・自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成する

などがあります。
過去にそのようなSEO対策をとったことがなかったか、今一度確認してみましょう。

ただ、ホワイトハットSEOと呼ばれる、ユーザーにとって使いやすく有益な対策に関しては
グーグルも推奨しています。

良質なサイトであれば、人気サイトになり、多くのサイトからのリンクを獲得し、
グーグルから良い評価を受ける。その結果的、検索順位が上がるのはもっともだからです。

リンク対策が悪いのではなく、ユーザーに有益ではないのに
検索順位を上げるためだけのリンク対策がペナルティの対象になっています。



参考サイト:

米グーグルのマットカッツ氏のブログ
https://twitter.com/mattcutts

ペンギンアップデート2.0が5/22(水)実施
http://www.seo-ch.jp/news/228

Webmaster World.com
http://www.webmasterworld.com/google/4614730.htm

Googleウェブマスター向け公式ブログ
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/04/blog-post_25.html


Top