【SEOニュース】グーグルは正しいHTMLかどうかを評価の対象にしてる?


今日の質問は、インドのバンガロールからです。

Googleから、22のエラーと4つの警告をもらってしまったのですが、
クローラーは、HTMLが適切であることを評価の対象にしていますか?




以下、グーグルのマットカッツ氏による回答です。


正しいHTMLと判断するには、正しいHTMLが書かれているか、
メインテナンスがしやすいか、更新がしやすいか、
コードを他の人にわかりやすく伝えられるか、など、たくさんの要素があります。

グーグルは、数あるWebサイトを管理しており、
その中にはたくさんの適切でないHTMLが存在します。

正直、その数が膨大すぎるため、適切でないHTMLを一つずつチェックして
ペナルティを与えることはできません。

ただ、サイト内の多くのページが適切なHTMLでなくて、
サイトの質に悪い影響を及ぼしているとグーグルが判断した場合
関連してペナルティを与えられることもあります。

常に言われていますが、グーグルが一番重視することは、
ユーザーが必要としている情報をちゃんと提供しているか、
イトの情報の質が高いかどうか、ということです。

マットカッツ氏は、今後アルゴリズムに取り入れることもあるかもよ、
と匂わせていますが、今のところ、正しいHTMLであるかどうかは、
グーグルの検索順位を上げるための評価には影響していないようです



参考サイト:
Does Googlebot care about valid HTML?
http://www.youtube.com/watch?v=j3KgrbiB1pc&feature=share&list=UUWf2ZlNsCGDS89VBF_awNvA

Top