最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

SEOでやってはならない3つの致命的な誤り


キーワードを設定したりターゲットを選定したり、コンテンツを作り替えたり、、、
SEOですべきことはたくさんあります。

「○○はこうすべき!」という記事もとても多いですし、
事実それらをしっかりやることでしっかり効果が上がるのも確かです。

けれども、やることが多すぎて、1つ1つがぼやけたりうんざりしたりしてしまいことはないでしょうか?
 
そこで、今回は、SEOでやってはならないこと」をシンプルに3つだけ紹介します。
もしこの3つに時間を割いてしまっている場合は、それをやめることを検討してみてください。


1.過去に固執する


デジタル世界は急速に進化しているにも関わらず、馴染みのある今までのやり方にいつまでもこだわり
続けてしまいがちです。単に去年も投資していたからという理由で、今年も同じキーワードにPPC広告や
SEOの予算を組んでいるとしたら要注意です。

きちんと現状を分析して、明日以降がプラスに振れるように努力しましょう。変化への適応をやめた瞬間に、
時代の変化から置いていかれてしまいます。余力があれば、SEOコンサルタントに分析を手伝ってもらう
のも良いかもしれません。


2.SEOを他のマーケティングと切り離してしまう


サービスはサービス、SEOはSEO、ソーシャルメディアはソーシャルメディアと、バラバラにマーケティング
を行っていませんか?これらは別個にではなく、統合的に考えることが大切です。

なぜなら、シナジー効果を期待できるからです。どういうサービスにしたらソーシャルメディアで拡散して
もらえるか、どうやってソーシャルメディアを使ったらSEOの効果が高まるか、どういったコンテンツが
SEOに効くかなど、別々に時間を割いてしまっている場合は、意識的に広く統合的に考えていきましょう。


3.SEOを短期的な成果のみで見てしまう


SEOはGoogleのような検索エンジン上でページの検索ランクを高くするためのものでしかないと考えられ
がちですが、それは大きな誤りです。ページランクが高くなればトラフィックが増やせますし、それは売上
にも直接的にとどまらず、間接的に結びついていきます。

SEOを必要経費ではなく、投資と考える視点が必要です。戦略を作るときも、予算を編成するときも、
中長期的にSEOのことを考えましょう。長い目でSEOを考えていくことで、企業の戦略や収益が強く
確固たるものになっていきます。

単月の成果を求めるあまりに必要のないキーワードに予算を配分するのではなく、中長期で必要なものに
投資をしていきましょう。


まとめ


今日のテクノロジーは日進月歩で変化し、消費者もその変化に着々と適応していきます。
ビジネスや社会のあり方も当然、変化が求められます。この時勢で、SEOは必要不可欠となっています。

きちんとSEO対策ができれば、トラフィックが増えるに留まらず、見込み客が増えたり売上が増えたりと
シナジーが期待できます。SEOは低コストで大きな成果が出せますので、やってはならないことは避け、
やるべきことをしっかり重ねて努力を続けていきましょう。



参考:

5 Critical SEO Mistakes Leaders Must Avoid
http://searchengineland.com/5-critical-seo-mistakes-leaders-must-avoid-167303

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top