【SEOニュース】閲覧履歴に広告ページを挿入する不正行為にグーグルが警告



グーグルが特に取り上げて警告したのは、ユーザーの閲覧履歴にページを挿入するという行為です。


ユーザーが戻るボタンをクリックすると、前のページに戻るのではなく、

訪れたことのない広告ページに行くというもので、ユーザーからの抗議を受けて今回の警告となりました。

グーグルからの評価を下げないためにも注意が必要です。



参考サイト:
http://googlewebmastercentral.blogspot.co.uk/2013/07/reminder-about-deceptive-behavior.html
Top