新時代のSEO戦略 ~キーワードは「ソーシャル」「インバウンド・リンキング」「コンテンツ」~

2013-07-22
SEO業界に波乱を巻き起こしたペンギン・アップデート。

この急激な変化の中、一体どんなSEO戦略を実施すればいいのか露頭に迷っている担当者の方も多いのではないでしょうか? そんなお悩みを抱えた方に、本日はズバリ!今後のSEO戦略の肝をご紹介します。キーワードは「ソーシャル」「インバウンド・リンキング」「コンテンツ」の3つです。


■ソーシャル

「SEOとソーシャル」

前者は何だか無機的、後者は有機的で、なんだか相容れない2つのような気がします、しかし、今やこの2つは切っても切り離せない関係になっています。

Googleのアルゴリズムは、「リンクではなく、ユーザーに好まれ、ソーシャルでシェアされる質の高いサイトを評価する」という基本方針を掲げています。つまり、ソーシャルでのシェアを獲得すれば、質の高いサイトとして評価され、結果として検索上位にランクインすることができるのです。ソーシャルでシェアされるために、サイトとソーシャルメディアの連携に努めることがまず不可欠な施策となります。

その上で、拡散性の高いコンテンツをソーシャルメディアに投稿しシェアを獲得する、といった施策が重要になってきます。ソーシャルメディアでの拡散力をアップするFacebook投稿術については、こちらの記事を参考にしてみてください。

>> あなたの「いいね」数を10倍にするFacebook投稿術


■インバウンド・リンキング

インバウンド・リンキングとは、「外部のサイトに張られた自社サイトのリンク」のことを言います。目新しい施策ではありませんが、現在でも、検索結果ランキングに影響する2番目に重要な要素として位置づけられています。(ペンギン・アップデート前は1番目)

しかし、前提として、外部サイトとリンクの関連性が強い必要があり、関連性のない不自然なリンクは評価対象にはなりえません。有益で、外部のサイトがリンクとして貼りたくなるような自社サイトのコンテンツ作りこそが、価値のあるインバウンド・リンキングを生み出す鍵なのです。


■コンテンツ

Googleアルゴリズムにおいて、コンテンツこそが最も検索結果に影響を与えうる要素として位置づけられています。そのため、ユーザーにとって、有益性の高いコンテンツ(ブログ記事や動画など)を作ることが最も重要なSEO施策となっています。

しかし、単に有益なコンテンツを作っていても効果が薄く、SEOの観点からキーワード分析などをしっかり行った上でコンテンツを作る必要があります。コンテンツマーケティングとSEO戦略の統合方法についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

>> コンテンツマーケティング時代のSEO戦略


■まとめ

いかがだったでしょうか?

ペンギン・アップデート後のSEO戦略では、ソーシャルメディアマーケティング・コンテンツマーケティングの視点が欠かせません。今後のSEOには、「ソーシャル」「インバウンド・リンキング」「コンテンツ」の3つを統合的に実践することが重要です。そしてこの統合は、ウェブマーケティング全体の成功を導く鍵となることを忘れないでください。

参考元:
Social Media, Links & Content The Best SEO Practice in 2013

What’s Changed With The Periodic Table Of Search Engine Optimization

Top