最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

【マーケティングニュース】米FTC 検索結果と広告の区別を明確に

米連邦取引委員会(FTC)は25日、検索エンジンを手掛ける、グーグル、米ヤフー、AOL、「Bing」を提供するMicrosoftなどに、有料の検索結果が広告として見分けづらくなってきたことを指摘し、FTCは検索エンジン各社に文書を送付しました。


各社に送付された文書には「近年、有料の検索結果が広告として見分けづらくなってきたことを指摘しており、FTCは検索業界に対し、この区別を明確にするよう求めている」とFTCは述べています。


この問題を避けるために、こうした企業は、背景部分にはっきりしたアウトラインをつけることや、広告と検索結果を分ける明確な境界を設けること、広告である事を示す目印やテキストラベルをつけることなどを求めています。


参考サイト:
http://www.ftc.gov/opa/2013/06/searchengine.shtm

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top