【マーケティングニュース】米FTC 検索結果と広告の区別を明確に

2013-07-05
米連邦取引委員会(FTC)は25日、検索エンジンを手掛ける、グーグル、米ヤフー、AOL、「Bing」を提供するMicrosoftなどに、有料の検索結果が広告として見分けづらくなってきたことを指摘し、FTCは検索エンジン各社に文書を送付しました。


各社に送付された文書には「近年、有料の検索結果が広告として見分けづらくなってきたことを指摘しており、FTCは検索業界に対し、この区別を明確にするよう求めている」とFTCは述べています。


この問題を避けるために、こうした企業は、背景部分にはっきりしたアウトラインをつけることや、広告と検索結果を分ける明確な境界を設けること、広告である事を示す目印やテキストラベルをつけることなどを求めています。


参考サイト:
http://www.ftc.gov/opa/2013/06/searchengine.shtm
Top