最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

コンテンツマーケティング時代のストーリーテリングのコツ


創業の思いや商品誕生の背景を語るストーリーテリング。これは以前からCMなどを通じて行われてきたことで、決して新しいコンセプトではありません。しかし、ソーシャルメディアやコンテンツマーケティングが主流化した昨今、消費者との間に「共感」を創り出すコンテンツを作る上で、ストーリーテリングの重要性は急速に拡大しています。

本日は、ユーザーが共感し、拡散したくなるコンテンツを生み出すストーリーテリングのコツをご紹介したいと思います。

■ストーリーテリング=「Why」を語ること

ストーリーテリングとは決してストーリーを1から作り上げることではありません。ストーリーテリングとは、「なぜ自分がこのビジネスを行っているのか」「なぜこのサービス/商品を開発したのか」を語ることです。

この「なぜ(Why)?」の部分にこそ、そのビジネスに込められた情熱が宿っているはずですし、そこにこそ消費者に共感を喚起させることができるのです。

■受け手中心のコンテンツ設計

また、そのストーリーは受け手の視点中心で設計しなければいけません。なぜなら、受け手の気持ちを動かすことこそがストーリーテリングの目的であるからです。ストーリーの読み手のライフスタイルや潜在意識を徹底的に追究し、あなたのビジネスに込めた思いとの共通項を見つけ出しましょう。サービス・製品の機能ではなく、消費者の感情に訴求することこそが情緒的な関係の構築に繋がるのです。

■物語の3つの基本+α

小説などの通常の物語と同じように、ブランドストーリーは、

1.シチュエーションの設定
2.問題の発生
3.問題の克服

という3つの要素を含んでいる必要があります。しかし、ビジネスのためのストーリーの場合には、この3つだけでは足りません。もう1つの不可欠な要素、それは「アクションを促す」ことです。ストーリーの自然な文脈の中で自分のサービスを間接的にPRし、ビジネス目標の達成に繋げることを意識する必要があります。

アクションを促さないかぎり、ただのエンターテイメントで終わってしまいます。ビジネス要素を全面に出さない手法については、以前のネイティブ・アドバタイジングの記事を参照してみてください。

■まとめ

文学的な見地から細かな方法論がいろいろと出ていますが、ビジネスにおけるストーリーテリングの要諦は以上に紹介したものとなります。

達成したいビジネス目標を念頭に入れた上で、消費者の心に響く「なぜ(Why)?」を説明し、情緒的な関係の構築を図る。これこそがストーリーテリングの骨子です。ぜひ企業理念や創業の経緯などの説明に実践してみてください。

参考:
How To Master The Art Of Storytelling In Your Content Marketing
Using Storytelling to Strengthen Your Brand

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top