最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

「SEO業界」今年を表す漢字は? 本家は「金」でした。

2012年も早いものでもう年の瀬ですね。
年の瀬といえば、毎年恒例の「今年の漢字」が今年も京都の清水寺で
発表になりました。

すばり、「金」。

※ちなみに、2位は「輪」、3位は「島」だったそうです。
 引用元:2012年の漢字は「金」 清水寺で発表
昨年は、「絆」でしたね。
復興元年でしたし、すごく納得感がありました。

さて、SEO業界も2012年は非常に大きく揺れた1年でありました。

パンダ、ペンギン、再審査リクエスト、、、、などなど、
毎日何かしらの動きがあり、その分析・見解が飛び交う、そして検証する、
SEO業界全体でPDCAを回しておりました。

そんな2012年を漢字1文字で表すとどうなるか、考えてみました。

●ノミネート作品(※あくまで個人の見解です)

「黒」→ ブラックハットと呼ばれるSEO手法に対する精査が軒並み強化
「白」→ ホワイトハットと呼ばれるSEO手法を提唱する声が増加
「灰」→ とはいえ、Googleは一律で精査をしていない傾向も見られるのでグレー
「被」→ 被リンク(外部リンク)に対するGoogleの精査が強化
「落」→ パンダ、ペンギンによって多数のサイトの検索順位が大幅下降
「重」→ パンダによって、重複コンテンツに対する精査が強化
「乱」→ パンダ、ペンギンによって日々検索結果が乱れた
「動」→ パンダ、ペンギンによって日々検索結果が動いた
「踊」→ パンダ、ペンギンによって日々検索結果が動いた(踊った=Google Dance?)
「嘆」→ 検索順位が大幅に下降し、様々な改善を試みたが、一向に順位回復が見られず担当者嘆く
「警」→ Googleアラートがウェブマスターツールに届いた(特に外部リンクに関する内容)
「独」→ パンダにより、オリジナルコンテンツの重要性がより高まった

こうして挙げてみますと、やはりパンダ・ペンギンに関わる候補になりました。
SEO的には2012年は変革、2013年は始動、のようなイメージでしょうか。
2013年はポジティブな内容の漢字が多いことを祈っております。。。

みなさまも、2012年のSEO業界の漢字1文字、ふと考えてみて下さいね。

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top