最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

Googleも2012年検索ワードランキングを発表!

123日、先週のYahoo!JAPANの発表に続き、Google2012年の検索ワードランキングを

発表致しました。(※1

 

総合1位は前年に引き続き「Yahoo」、2位も前年同様「youtube」と続いております。3位は

Yahoo!のランキングでも大躍進を遂げた「Facebook」でした。

モバイル(スマートフォンを含む)の検索ランキングでも、1位は「ヤフー」となっておりました。

 

Yahoo!のランキングにおいて「Google」というキーワードは、順位が総合で6位、スマホでは7位でした。

しかし、Googleのランキングでは、総合でもモバイルでも1位が「Yahoo」もしくは「ヤフー」となっています。

 

今回のランキングの結果を踏まえると、Googleにきた人たちの多くはその後Yahoo!に移動している

と想定されます。

GoogleYahoo!を検索しているユーザーは、Googleの検索ユーザーとは言い切れないのではないでしょうか。

 

ブラウザでいえば、Google Chromeの使用率が増えていることもあり、デフォルトでGoogle検索の利用者が増えている

可能性が考えられます。

また、Yahoo!はポータルサイトであり、TOPページに多くの情報が掲載されているため、検索ではなく情報取得を目的と

して「Yahoo」を検索している日とも多いと想定されます。

またスマホにおいては、Androidの多くはGoogleがホームページに設定されているため、PC同様のニュース

等の情報を欲しているユーザーは、Yahoo!に流れているとも考えられます。

 

リスティングやSEOといった検索サイトでのプロモーションを実施している、もしくは考えている場合、

今一度ユーザーのニーズを把握し直してみましょう。

一番使われている検索エンジンは何か、デバイスは何かなど、キーワードを考える以前の大きな枠組みを

見直す必要がありそうです。

 

 

1Google年間検索ランキング2012

http://www.google.co.jp/press/zeitgeist2012/

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top