Googleショッピング仕様変更

2012-11-26
2012年5月にGoogleショッピングに対する
新たな取り組みを発表し、今回Googleショッピングの
商品モデルの展開のため最初の変更が2013年2月13日に
行われると発表された。

Googleショッピングとは様々な商品について、
どのECサイトで購入するか選べる構成となっている。

例えば「パソコン」と検索を行うと検索結果に
「パソコンのショッピング検索結果」が表示され
クリックすると商品一覧が表示される。

更に商品ごとの内容を見ると各オンラインショップの
販売価格や評価などが記載されている。
オンラインショップへのリンクをクリックすると
各サイトへ飛ぶ仕組みとなっている。

その他、価格帯や、ブランド、カテゴリごとに
調べる事が可能となっている。

比較サイトと同じ構成となっており、
ユーザーにとっては利便性は良い。

比較サイトなどを運営しているウィブマスターにとっては
大きな問題となるだろう。Googleショッピングを使うユーザーが
増えれば死活問題に繋がる。

今後、AdWordsのテキスト広告が表示されている検索結果上部の
スペースに、商品情報がまとめて表示されるようになる。

例えばメーカーでECサイトを運用している場合、
Googleショッピング内で自社商品が上位表示されているのであれば、
出稿を見直しても良いのではないだろうか。

少なからずGoogleショッピングの影響は受けるかと思われるので
今のうちにリスティング広告の出稿方針やSEOの対策キーワードなどを
見直しては如何だろうか。

※Google公式ブログ
http://adwords-ja.blogspot.jp/2012/11/google_16.html

Top