日本でも検索結果画面の変更

2012-11-22
つい先日(2012年11月6日)、
米国で先行して検索結果画面の刷新が発表されたことは記憶に新しいですよね。

■参考:Google検索ツールの場所が変わった?-Googleレイアウトの変更
/news/166


そんな検索結果画面の変更が、昨日(2012年11月21)日本でも適用されました。


従来左側にあった検索タブや検索ツールが画面上部に移動され、
どのデバイスからでも一貫した検索体験を提供できるように改善されています。

余白スペースが増え、ユーザーが探している回答(検索結果)や情報にフォーカスされています。
個人的にも見やすくなったように感じます。

また、タブレットやスマートフォンといった様々なデバイスからの検索を同じように体験できることは、
ユーザビリティの向上にもつながりますね。

この変更がSEO的にどう影響してくるのでしょうか?

左側にあった検索タブや検索ツールが画面上部に移動し、
検索結果によりフォーカスされることにより、
上位表示への意識は益々高まりそうです。   


※1:Google公式ブログ 
http://insidesearch.blogspot.jp/2012/11/spiffing-up-your-search-results-page.htm
Top