Googleの新たな取組み~検索エンジンは犯罪の抑制力になりえるか

2012-11-01
日本時間2012年11月1日、米Googleは公式ブログで「AMBER Alerts」をGoogleの通常検索結果及び
Googleマップ検索において表示すると発表しました。(※1)


「AMBER Alerts」とは、児童や未成年者の誘拐や行方不明事件が発生した際に公衆メディアを通じて
発令される警報の一種(※2)です。

米国内のユーザーがGoogleの通常検索もしくはGoogleマップ検索で「AMBER Alerts」が発令されている
地域に関する検索を行うと、検索結果に事件の概要が表示されます。
また、通常検索結果で誘拐事件もしくは行方不明事件そのものを検索した際にも表示されるとのことです。


以下画像は公式ブログに掲載されていた「AMBER Alerts」の表示例です。


 

多くの人が触れる機会の多い検索というGoogle検索にこの機能が追加されたことは、犯罪の抑制にも
つながるのではないでしょうか。

将来的に日本においても同様の機能が利用できるようになることを望みます。




※1:http://googleblog.blogspot.jp/2012/10/amber-alerts-for-missing-children-now.html

※2:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88


Top