高品質なWebサイトって?

Googleの概念である「ユーザーへ有益な情報を届ける」から考えると、
高品質なサイトとは、「ユーザーにとって有益な情報を届けているサイト」ということになるが、
具体的にはどのようなサイト作成をおこなうべきか悩みは尽きないと思う。


では、高品質なサイトの条件とは何か、
ここで振り返りたいと思う。

以前にうわさになったGoogleのモニターによりサイト・ページの評価に関しての
情報が流れたといわれる内容を参考にさせていただく。


以下にいくつか考えらるものをあげてみた。


・サイトテーマが明確であること

・メインコンテンツは、自動生成で作成されたページではなく、
人によって作られ、オリジナル性や専門性が高いトピックであること

・他サイトには無い情報が掲載されている

・ユーザーが見やすいように、レイアウトが良く考えられた構成であること
(ユーザビリティの良いサイト)

・補助コンテンツ(ナビゲーションメニューやサイドメニュー、レコメンド、関連トピックなど)が
ユーザーに有益で、使い勝手がよいもの

・余計な広告で埋め尽くされていない

・専門性の高い品質のコンテンツを持っている
(専門分野における表現、言葉、慣習や文書の書き方に沿っているもの)

・定期的なコンテンツの拡充、更新がされており、常に新しい情報を得ることができる

・ユーザーの交流ができるような仕組みがある
(SNS上での情報発信や共有など)

・サイト内に高品質のページを持ち、トピックのテーマに沿ったポジティブな評価をユーザーから受けている

・ニュースサイトなどで受賞されている

・一般的に広く認知されている

・高い信用が認知されている




SEOを意識してサイト制作をしているとテクニック的なことばかりに
時間を使っていることに気づくことがあるかもしれない。
本質的に大事なことは、ユーザーを飽きさせない、専門的且つ興味を引くサイト作り(コンテンツ作成)を
するにはどうするればいいかを考えることだと思う。

今一度、サイトのテーマ、オリジナル性や更新性を見直し、
ユーザー目線でサイト作成を行うことがSEO施策にとって一番重要なことなのかもしれない。


Top