最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

重複コンテンツペナルティー

パンダアップデート以降、重複コンテンツが
何かと取りざたされているが、いったいどこまで
Googleは見ているのであろうか。

当然他のサイトからそっくりそのまま「無断複製」している
サイトはペナルティーを受ける可能性が高く非常に危険であるが
内容やニュアンスが若干異なるケースはどうなるのか?

Googleのガイドラインには「無断複製されたコンテンツ」として
以下のように記載されている。


無断複製されたコンテンツの例としては、次のようなものが挙げられます

「他のサイトのコンテンツをコピーし、
(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)
若干の修正を加えた上で転載しているサイト」


手動でのは別として現状は文章として認識を
しているのではなく、単語単位で認識をしている可能性が高い。

文章そのものが同一であれば当然該当するが、
安易な文言の変更であっても、十分に該当するケースが
想定される。

ユーザーにとって価値のないページを安易に増やすことはむしろリスクであり
数は少なくとも、オリジナルで価値の高いページが必要である。

小手先のSEO対策として安易にページ数を増やす
行為など行うのはリスクが高くなるので気をつけた方が
良いであろう。


最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top