インデックス数とも向き合う努力

以前、パンダアップデートに備えるために以下のような見直しをすることを
お勧めいたしました。
 

・ただ、他のサイトからコピーしてきているだけでない、オリジナルコンテンツであるか?
・自社で運用しているサイト内、若しくはオンラインショッピングなどに出稿している内容で重複しているコンテンツはないか?
・重複する複数のサイトを運用している場合は、canonicalタグの設定ができているだろうか?
・ユーザーに対して有益な情報提供ができているコンテンツであるだろうか?
・コンテンツより広告が多いサイトになっていないだろうか?
・コンテンツの更新は定期的に行えているだろうか?
などなど、
 
 
今後のSEO施策においては、
ユーザーに有益なオリジナルコンテンツを作成し、
定期的に更新を行う努力することが重要になります。
 
 
これらに対応できているかどうか、一つの指標になるのが、
インデック数です。
 
 
インデックス数(index)とは、Googleのクローラーがサイトにアクセスし、
ページの情報を検索結果リストに掲載する数のことです。
 
基本的なことではありますが、Googleの検索ロボットがクロールし、
キャッシュし、インデックスされないと、検索結果に表示されることはありません。

SEOの観点からも
サイト全体のインデックス数と検索順位は関係していることがいえます。
 
例えば、数ページ、数十ページのインデックス数しかないサイトと
インデックス数が数千ページもあるサイトでは、
Google(検索エンジン)からの評価が変わることが考えられないでしょうか。

勿論、コンテンツの内容が重要ですが、
インデックス数が増えることで、このサイトは定期的に更新されている
情報量の多いサイトだと良い評価を受けることができと思います。
 
ただし、インデックス数はあくまで目安として考えるべきでしょう。
 
また、インデックス数は、まれに増減することがあります。
この幅が小さければ特に気にする必要はないのですが、
幅が大きい場合は、何かしらの問題が発生していると思ったほうがいいと思います。


インデックスされた総数が大きく変動した場合は、
誤ってページを削除してしまったとか以外に、
Googleにインデックスから除外されてしまった可能性があります。
もしかすると重複コンテンツとみなされ、インデックスから除外されたという仮説が立ちます。

重複コンテンツと見られた場合、もしくは質の低いサイトと認識された場合には、

site:○○○○(URL)

で、検索した場合に「似たページは除外されています」というメッセージの後に
インデックスがまとめられてしまいます。


例)https://www.google.co.jp/search?q=site%3Aseo-ch.jp&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a#q=site:seo-ch.jp&hl=ja&client=firefox-a&hs=M0V&rls=org.mozilla:ja:official&prmd=imvns&ei=pg91UNOHHq3biwK4wIH4BQ&start=250&sa=N&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.&fp=b194bb0cef28d4f0&bpcl=35243188&biw=1920&bih=780


実はインデック数を見ることで、
重複しているページがないか確認するシグナルにもなるといった見方もできます。
 
たかがインデック数、されどインデック数なのです。
 
SEO施策としてのインデック数は、無視できない物差しになりますので、
コツコツとオリジナルコンテンツを作成し、更新し、除々にインデックス数を増やし、
サイトの成長の指標として役立ててみてはいかがでしょうか。

 
コンテンツ(内容)を追加し、更新することがインデックス数を増やすことです。
それができているサイトが、Google(検索エンジン)からの評価を得て、
ユーザーにも有益な情報を提供している、喜ばれるウェブサイトになるわけです。
 
 
わが子のような気持ちで自サイトの成長を楽しんでみてはいかがでしょうか。


Top