最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

レスポンシブウィブデザインの活用

2012年9月25日よりGoogleブックスが日本でも提供が開始となった。
それと同じくして米Googleが9月25日に日本でオリジナルタブレット
「Nexus 7」の販売を開始した。

数々の端末が出てきている中で検索結果は
どの様な状況になっているのだろうか?

基本的に検索順位やアルゴリズムはPCと同様である。

現在GoogleにはPC用のクローラーとモバイル(フューチャーフォン)用の
クローラーさらにスマートフォン版Googlebot-Mobileクローラがある。

尚、米Googleは2011年12月15日にスマートフォンサイトの
コンテンツをクローリングすると正式発表している。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2011/12/googlebot-mobile.html

しかし、PC向けサイト、フィーチャーフォン向けサイト、スマートフォン向けサイトと
3サイト用意するとなると運用や管理が非常に大変なことになってしまう。
そこで、最近ではレスポンシブウェブデザインと言う手法が登場しGoogleも
推奨している。
共通の同一HTMLを使いCSS(スタイルシート)で見せる方法だ。
PCのブラウザやスマートフォン、タブレット端末の画面サイズに
合わせてデザインを変える仕様となっている。

この仕組みを使えば、各デバイスへの振り分け設定なども
不要となり、ブラウザサイズに合わせた最適な表示がなされる。
振り分け条件など特別設定する必要はない。

一つのHTMLに対して、複数のCSSでの制御を行うため
CSSの調整などのハードルは上がるが、運用の手間や
振り分け設定が省け、SEOの観点でも最適な形に
なるのためレスポンシブウェブデザインで対応して
いくことを検討してみては如何だろうか。


注)ウェブマスターヘルプフォーラムには以下のように記載されている。

「スマートフォン版 Googlebot-Mobile においても、
Googlebotだけを特別扱いせずに、同じ端末を使った
ユーザーからのリクエストと同等に処理する。」


最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

会社名
ご担当者名
ふりがな
電話番号
メールアドレス
対象URL
お問合せ内容
ご予算

1.弊社からのご案内を希望されるお客様を除き、ご記入いただいた情報はお問い合わせに対するご案内以外には使用しません。
2.弊社からのご案内を希望されるお客様には、弊社からセミナーやキャンペーンに関する情報のご案内やアンケートのご協力をお願いする場合があります。
3.詳細なご相談内容については、必要に応じて別途NDA(機密保持契約)の締結をさせていただきます。
4.弊社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。詳細は、以下のリンクよりご確認ください。

個人情報保護方針(別ウィンドウで開きます)
情報セキュリティ基本方針(別ウィンドウで開きます)

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、セコムトラストネット株式会社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。
GlobalSignステッカーをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認いただけます。

Top