YouTube動画コンテンツのこれからの活用法と動画最適化

YouTube映画祭のグランプリ発表!リドリー・スコット監督は姿見せず…【第69回ベネチア国際映画祭】

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0045652

15分以内の作品が条件で、世界中から約1万5,000本の応募があり、
専門スタッフによる厳選とYouTube視聴者による人気投票で選ばれた作品が受賞までたどり着いた。
 

このようにYouTubeを活用した様々な企画が催されるようになってきているなか、
YouTubeなどの動画に対してのSEO対策に企業も取り組み始めている。

 
YouTube動画コンテンツの最適化と改善については以下のサイトにも書かれている。
動画を活用される際には留意しておくべきだろう。

https://support.google.com/adwords/certification/bin/static.py?hl=ja&page=guide.cs&guide=27435&topic=27497&answer=173989

 

■ユーザーは学習や視聴、娯楽を目的として YouTube を利用していることを理解し、 独自のコンテンツを使用して動画を作成します。
 →企業などが動画配信をする場合、商品、サービスの説明など、
  サイトを訪れたユーザー目線でわかりすいオリジナル動画コンテンツとして作成・配信することが好ましいだろう。

■宣伝する業種、商品やサービスにおいて専門的な立場にある場合は、
 その知識を YouTube のコミュニティに広めて関心を引き付けるような動画を作成します。
 →ユーザーへ伝えたいサービスについて、より多くのユーザーへ知ってもらえるよう、
  コミュニティやチャンネルなど形成して動画を作成・配信することが望ましいだろう。

■メッセージはシンプルでわかりやすいものにします。 動画は 2 分程度にまとめることをおすすめします。
 →例えば、企業紹介動画や商品サービス紹介動画など、ユーザーへわかりやすく伝えるために、
  訴求ポイントを絞ったわかりやすい動画を作成・配信することが好ましいだろう。

■YouTube Insight の人気スポットで、動画のどのシーンがユーザーの関心を集めているかを調べて、
 ユーザーを飽きさせない動画コンテンツとなるよう最適化します。
 →ユーザーの閲覧動向を分析して、ユーザーのアクセス数を上げるために
  ユニークな動画を作成・配信することが好ましいだろう。

■定期的にコンテンツを更新します。 実際のデータから、定期的にチャネルを更新して
 メッセージの新鮮さを保つと効果的であることがわかっています。
 →動画が多くの人の目に留まるように、情報を適宜更新することが望ましいだろう。

■投稿されたユーザーのコメントを確認したり、同様の動画やチャネル ページを参考にします。
 →ユーザーが動画を見た際の反応を集計・分析することでよりクオリティの高い、
  インタレストマッチな動画を作成・配信することが望ましいだろう。

スマホやタブレットなどのデバイスも登場して、配信環境の高性能化で動画を取り巻く環境が多様化してきている今、
これからは動画も自社サイトでの有力な情報配信コンテンツとなるだろう。


Top