GoogleWebマスターツール新機能「インデックス ステータス」

2012-09-04
参考:インデックス ステータス機能で Google 検索のインデックスの秘密が明らかに!
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/08/behold-google-index-secrets-revealed.html



自社のサイト・ページがGoogle の検索インデックスに登録されているか

この疑問に応える機能が8月末、Googleウェブマスターツールに加わった。
このインデックス ステータスでは、自社のサイトから何ページが Google のインデックスに登録されているか、
それが1ページであっても100万ページであっても、表示する。

Googleウェブマスターツールの[健全性] メニューの下、
[インデックス ステータス] をクリックすると確認出来るので、是非確認頂きたい。

ここでは、現時点でインデックスに登録されているページの総数と
過去1年間のデータを確認することが出来る。

さらに、[詳細]タブをクリック頂くと、下記のようなより詳細なデータを確認することが出来る。

  ・クロール済みページの累積数
  ・robots.txtによってブロックされ、クロールされないことが分かっているページの数
  ・Google の検索結果の表示対象に選ばれなかったページの数
  (※ここでの「数」は、合計数であり、その日にインデックスされたページ数ではない)

コンテンツの重要性が増している昨今のアルゴリズムを踏まえると、
新たにコンテンツを追加したり、重複を改善する施策への取り組みをされている場合もあるだろう。

Googleの検索結果にページが表示されなくなった、順位に変動が生じた、URL構造を更新した等、変化に併せて数値を都度確認をするには非常に役立てられる機能追加ではないだろうか。


Top